お知らせ ◆映像情報メディア学会における研究会等の開催について (新型コロナウイルス関連)
映像情報メディア学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2011-02-19 12:30
多視点Depth From Focus/Defocus法について
磯野友洋仲野 豊吉田俊之福井大
抄録 (和) 対象物体の焦点情報から物体各点までのdepth値を推定する手法として,Shape From Focus/Defocus法が知られている.これは,焦点を変化させて撮影した多焦点画像群からブロック単位に合焦評価値を算出し,これより距離推定を行う手法である.著者らは,対象物体を斜め上方から多視点・多焦点撮影した画像群に対して視点ごとにSFF/SFD法を適用し,得られた形状を視点間で統合することで全周の3次元形状を復元する手法を検討してきた.この手法では,各視点からの多焦点画像群に対して単独にSFF/SFD法を適用しているが,同法を複数の視点からの多焦点画像群に同時に適用することにより,さらに誤差低減が見込める.過去の報告では,depth推定の際に,着目視点のブロックに対応する他の視点におけるブロックを求め,その合焦評価値を併用することで誤差の低減を検討してきたが,depth値の最適性の判断基準に問題が残されていた.そこで本報告では,その判断基準として合焦評価値の近似曲線の微分値を利用する手法を提案し,実験によりその有効性を示す. 
(英) Shape From Focus/Defocus (SFF/SFD) has been known as a depth estimation technique by using focus information. The technique estimates the depth for each point of a target object based on a focus measure extracted for each block on a set of multi-focus images. The authors have proposed a 3-D whole shape reconstruction technique, which first obtains a set of multi-view and multi-focus images for a target object and then integrates the shape models obtained from each viewpoint with the SFF/SFD. In this technique, the depth estimation error is expected to be reduced by using not only a single set of multi-focus images from a single viewpoint but also another set from another viewpoint together. Although we have realized such an idea in our previous report, the criteria for estimating depth values was not necessary optimal. This report thus introduces a new criteria which uses the derivative of an approximating function for the set of the focus measures, and gives some experimental results to show its effectiveness.
キーワード (和) 距離推定 / SFF/SFD / 多視点画像 / 3次元モデル / 誤差低減 / / /  
(英) depth estimation / SFF/SFD / multi-viewpoint images / 3-D model / error reduction / / /  
文献情報 映情学技報, vol. 35, no. 8, ME2011-21, pp. 81-84, 2011年2月.
資料番号 ME2011-21 
発行日 2011-02-12 (ME) 
ISSN Print edition: ISSN 1342-6893  Online edition: ISSN 2424-1970
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 ME  
開催期間 2011-02-19 - 2011-02-19 
開催地(和) 関東学院大学 関内メディアセンター 
開催地(英) Kanto Gakuin Univ. 
テーマ(和) 学生研究発表会 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 ME 
会議コード 2011-02-ME 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 多視点Depth From Focus/Defocus法について 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Multi-viewpoint Depth From Focus/Defocus Technique 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 距離推定 / depth estimation  
キーワード(2)(和/英) SFF/SFD / SFF/SFD  
キーワード(3)(和/英) 多視点画像 / multi-viewpoint images  
キーワード(4)(和/英) 3次元モデル / 3-D model  
キーワード(5)(和/英) 誤差低減 / error reduction  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 磯野 友洋 / Tomohiro Isono / イソノ トモヒロ
第1著者 所属(和/英) 福井大学 (略称: 福井大)
University of Fukui (略称: Univ. of Fukui)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 仲野 豊 / Yutaka Nakano / ナカノ ユタカ
第2著者 所属(和/英) 福井大学 (略称: 福井大)
University of Fukui (略称: Univ. of Fukui)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 吉田 俊之 / Toshiyuki Yoshida / ヨシダ トシユキ
第3著者 所属(和/英) 福井大学 (略称: 福井大)
University of Fukui (略称: Univ. of Fukui)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2011-02-19 12:30:00 
発表時間 15 
申込先研究会 ME 
資料番号 ITE-ME2011-21 
巻番号(vol) ITE-35 
号番号(no) no.8 
ページ範囲 pp.81-84 
ページ数 ITE-4 
発行日 ITE-ME-2011-02-12 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[映像情報メディア学会ホームページ]


ITE / 映像情報メディア学会