お知らせ ◆映像情報メディア学会における研究会の開催について (新型コロナウイルス関連)2021年7月21日更新
映像情報メディア学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2011-02-19 15:25
ウェーブレット変換を用いた陰関数曲面のデータ圧縮
中島卓哉戸澤健文森 功一長谷川恭子仲田 晋田中 覚立命館大
抄録 (和) 3次元レーザスキャナやレンジファインダなどの形状計測装置で現実世界の物体をサンプリングして得た点群データを基に,物体の形状を生成する手法に陰関数曲面モデリングがある.陰関数曲面では形状を滑らかに表現でき,また細部を精密にモデリングすることができるが,物体の構造の複雑さに応じてデータ量が増加する傾向がある.そこで,我々は周波数解析の一つであるウェーブレット変換を利用した陰関数曲面のデータ圧縮手法を提案する. 
(英) Implicit surface reconstruction is one effective way for the purpose of surface modeling from point data. Implicit surface model is suitable to smooth surface representation and precise construction details of the object. However, the model requires high memory cost depending on the complexity of the surface. In this paper, we propose a method for data compression of implicit surfaces using the technique of wavelet transform.
キーワード (和) コンピュータグラフィックス / 陰関数曲面 / ウェーブレット変換 / 非線形量子化 / データ圧縮 / / /  
(英) Computer Graphics / Implicit Surface / Wavelet Transform / Nonliner Quantization / Data Compression / / /  
文献情報 映情学技報, vol. 35, no. 8, ME2011-38, pp. 147-150, 2011年2月.
資料番号 ME2011-38 
発行日 2011-02-12 (ME) 
ISSN Print edition: ISSN 1342-6893  Online edition: ISSN 2424-1970
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 ME  
開催期間 2011-02-19 - 2011-02-19 
開催地(和) 関東学院大学 関内メディアセンター 
開催地(英) Kanto Gakuin Univ. 
テーマ(和) 学生研究発表会 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 ME 
会議コード 2011-02-ME 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) ウェーブレット変換を用いた陰関数曲面のデータ圧縮 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Data Compression of Implicit Surfaces Using Wavelet 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) コンピュータグラフィックス / Computer Graphics  
キーワード(2)(和/英) 陰関数曲面 / Implicit Surface  
キーワード(3)(和/英) ウェーブレット変換 / Wavelet Transform  
キーワード(4)(和/英) 非線形量子化 / Nonliner Quantization  
キーワード(5)(和/英) データ圧縮 / Data Compression  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 中島 卓哉 / Takuya Nakajima / ナカジマ タクヤ
第1著者 所属(和/英) 立命館大学 (略称: 立命館大)
Ritsumeikan University (略称: Ritsumeikan)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 戸澤 健文 / Takehumi Tozawa / トザワ タケフミ
第2著者 所属(和/英) 立命館大学 (略称: 立命館大)
Ritsumeikan University (略称: Ritsumeikan)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 森 功一 / Koichi Mori / モリ コウイチ
第3著者 所属(和/英) 立命館大学 (略称: 立命館大)
Ritsumeikan University (略称: Ritsumeikan)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 長谷川 恭子 / Kyoko Hasegawa / ハセガワ キョウコ
第4著者 所属(和/英) 立命館大学 (略称: 立命館大)
Ritsumeikan University (略称: Ritsumeikan)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 仲田 晋 / Susumu Nakata / ナカタ ススム
第5著者 所属(和/英) 立命館大学 (略称: 立命館大)
Ritsumeikan University (略称: Ritsumeikan)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 田中 覚 / Satoshi Tanaka / タナカ サトシ
第6著者 所属(和/英) 立命館大学 (略称: 立命館大)
Ritsumeikan University (略称: Ritsumeikan)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2011-02-19 15:25:00 
発表時間 15 
申込先研究会 ME 
資料番号 ITE-ME2011-38 
巻番号(vol) ITE-35 
号番号(no) no.8 
ページ範囲 pp.147-150 
ページ数 ITE-4 
発行日 ITE-ME-2011-02-12 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[映像情報メディア学会ホームページ]


ITE / 映像情報メディア学会