お知らせ ◆映像情報メディア学会における研究会の開催について (新型コロナウイルス関連)2021年7月21日更新
映像情報メディア学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2011-03-14 10:25
インテグラル立体のための撮像素子の画素ずらし調整手法
日浦人誌洗井 淳奥井誠人三科智之NHK
抄録 (和) インテグラル方式の再生像の画質は,撮像・表示のデバイスの画素数に依存するため,画素ずらし法による多画素化は有効である.本論では,インテグラル立体で用いるレンズアレイにより調整用パターンにおける画素ずれ量を拡大し,目視で撮像素子の画素ずらし調整が可能な手法を提案する.実験結果から,この手法を用いることで目視により調整できるとともに,画素ずらしにより解像度が向上することを確認した. 
(英) In integral imaging, the resolution of the reconstructed image depends on the number of the pixels with a capturing and a displaying system. For development of the high resolution camera using a pixel-offset method, therefore, is effective. This paper describes a study for adjusting pixel-offset of image sensors using a lens array in integral imaging system. This lens array was able to magnify the pixel-offset of image sensors. As an experimental result, we clarified that the proposed adjustment method is useful as the position adjustment between the two image sensors with good performance.
キーワード (和) 3次元画像 / インテグラル立体方式 / 画素ずらし / / / / /  
(英) Three-dimensional Image / Integral Imaging / Pixel-offset / / / / /  
文献情報 映情学技報, vol. 35, no. 15, 3DIT2011-3, pp. 9-12, 2011年3月.
資料番号 3DIT2011-3 
発行日 2011-03-07 (3DIT) 
ISSN Print edition: ISSN 1342-6893  Online edition: ISSN 2424-1970
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 3DIT  
開催期間 2011-03-14 - 2011-03-15 
開催地(和) 東京工科大学 蒲田キャンパス 
開催地(英) Tokyo Univ. of Tech. 
テーマ(和) 立体映像における人間工学的研究-立体映像の知覚認知・生体作用とその評価,及び立体映像技術一般(HI研究会共催) 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 3DIT 
会議コード 2011-03-3DIT 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) インテグラル立体のための撮像素子の画素ずらし調整手法 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Pixel-offset position adjustment in image sensors for integral imaging 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 3次元画像 / Three-dimensional Image  
キーワード(2)(和/英) インテグラル立体方式 / Integral Imaging  
キーワード(3)(和/英) 画素ずらし / Pixel-offset  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 日浦 人誌 / Hitoshi Hiura / ヒウラ ヒトシ
第1著者 所属(和/英) 日本放送協会 (略称: NHK)
Japan Broadcasting Corporation (略称: NHK)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 洗井 淳 / Jun Arai / アライ ジュン
第2著者 所属(和/英) 日本放送協会 (略称: NHK)
Japan Broadcasting Corporation (略称: NHK)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 奥井 誠人 / Makoto Okui / オクイ マコト
第3著者 所属(和/英) 日本放送協会 (略称: NHK)
Japan Broadcasting Corporation (略称: NHK)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 三科 智之 / Tomoyuki Mishina / ミシナ トモユキ
第4著者 所属(和/英) 日本放送協会 (略称: NHK)
Japan Broadcasting Corporation (略称: NHK)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2011-03-14 10:25:00 
発表時間 25 
申込先研究会 3DIT 
資料番号 ITE-3DIT2011-3 
巻番号(vol) ITE-35 
号番号(no) no.15 
ページ範囲 pp.9-12 
ページ数 ITE-4 
発行日 ITE-3DIT-2011-03-07 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[映像情報メディア学会ホームページ]


ITE / 映像情報メディア学会