お知らせ ◆映像情報メディア学会における研究会の開催について (新型コロナウイルス関連)2021年7月21日更新
映像情報メディア学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2011-03-15 11:35
映像の立体表示原理の違いが質感の表現に与える影響 ~ ステレオ呈示と頭部運動が光沢知覚に与える効果の心理物理学的証拠と計算論的考察 ~
坂野雄一安藤広志NICT
抄録 (和) 高密度指向性表示三次元ディスプレイが高い光沢感を生み出すことが主観評価に基づく研究により報告されている.本研究では,より基礎的な研究として,両眼間の網膜像の違いや頭部運動に伴う網膜像の変化が物体表面の反射率特性に関する情報を持つことを計算論的に示し,また,それらが光沢感に影響を与えることを,CRT,液晶シャッターゴーグル,ヘッドトラッキングシステムを用いて心理物理学的に示した.これらの結果は,原理的には,平面,二眼式立体,多眼式立体ディスプレイの順に光沢感がより適切に再現されることを示唆する. 
(英) Based on subjective evaluation evidence, it has been reported that high-density directional 3D displays produce high glossiness. Here as a more fundamental study, we gave some computational consideration on estimation of surface reflectance properties and showed that retinal image differences between the two eyes and retinal image changes due to observer's head motion have information about the reflectance properties of the object surface. We also conducted a series of psychophysical experiments using a CRT, liquid crystal shutter goggles and a head-tracking system, and showed that these gloss cues affect perceived glossiness. These results suggest that glossiness reproduction, in principle, improves in the order of 2D, 2-view, and multi-view 3D displays.
キーワード (和) 光沢感 / 定量的評価 / 両眼視差 / 運動視差 / 両眼間輝度差 / 時間的輝度変化 / /  
(英) Gloss Perception / Quantitative Evaluation / Binocular Disparity / Motion Parallax / Interocular Luminance Difference / Temporal Luminance Change / /  
文献情報 映情学技報, vol. 35, no. 15, 3DIT2011-16, pp. 63-66, 2011年3月.
資料番号 3DIT2011-16 
発行日 2011-03-07 (3DIT) 
ISSN Print edition: ISSN 1342-6893  Online edition: ISSN 2424-1970
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 3DIT  
開催期間 2011-03-14 - 2011-03-15 
開催地(和) 東京工科大学 蒲田キャンパス 
開催地(英) Tokyo Univ. of Tech. 
テーマ(和) 立体映像における人間工学的研究-立体映像の知覚認知・生体作用とその評価,及び立体映像技術一般(HI研究会共催) 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 3DIT 
会議コード 2011-03-3DIT 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 映像の立体表示原理の違いが質感の表現に与える影響 
サブタイトル(和) ステレオ呈示と頭部運動が光沢知覚に与える効果の心理物理学的証拠と計算論的考察 
タイトル(英) Effect of 3D display principle on representation of surface quality 
サブタイトル(英) psychophysical evindence and computational consideration on the effects of stereo viewing and head motion on perceived glossiness 
キーワード(1)(和/英) 光沢感 / Gloss Perception  
キーワード(2)(和/英) 定量的評価 / Quantitative Evaluation  
キーワード(3)(和/英) 両眼視差 / Binocular Disparity  
キーワード(4)(和/英) 運動視差 / Motion Parallax  
キーワード(5)(和/英) 両眼間輝度差 / Interocular Luminance Difference  
キーワード(6)(和/英) 時間的輝度変化 / Temporal Luminance Change  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 坂野 雄一 / Yuichi Sakano / サカノ ユウイチ
第1著者 所属(和/英) 情報通信研究機構 (略称: NICT)
National Institute of Information and Communications Technology (略称: NICT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 安藤 広志 / Hiroshi Ando / アンドウ ヒロシ
第2著者 所属(和/英) 情報通信研究機構 (略称: NICT)
National Institute of Information and Communications Technology (略称: NICT)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2011-03-15 11:35:00 
発表時間 25 
申込先研究会 3DIT 
資料番号 ITE-3DIT2011-16 
巻番号(vol) ITE-35 
号番号(no) no.15 
ページ範囲 pp.63-66 
ページ数 ITE-4 
発行日 ITE-3DIT-2011-03-07 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[映像情報メディア学会ホームページ]


ITE / 映像情報メディア学会