お知らせ ◆映像情報メディア学会における研究会の開催について (新型コロナウイルス関連)2021年7月21日更新
映像情報メディア学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2011-03-15 10:10
周期的な奥行き変化のある周期立体像
大石則司
抄録 (和) レンチキュラーレンズと周期画像からなる周期立体像には,視域の境界や逆視のない立体像が見えるという特徴があるが,一方でモアレ周期で間隔と奥行きが決まるオブジェクト列しか表示できないという制限があり,単調な表現しか実現できなかった.本研究では更に表現の幅を拡大するため,位置によってその奥行きが周期的に変化する周期立体像を作成する手法を考案し,その効果を実験によって確認した.本手法は元画像の作成条件によって実現でき,周期画像を作るアルゴリズムは従来のものをそのまま利用するため,MegaPOVを使った直接生成にも利用することができる. 
(英) Periodic Stereo Image which consists of lenticular-lens and the periodic image is characterized by stereoscopic images without pseudoscopic regions and viewing zone boundaries, but only can realize monotonous expression with object images of which spacing and depth are determined by moiré period. In this study, a method to generate the Periodic Stereo Image which has periodically changing depth was contrived and the effect of that was experimentally confirmed. This method can be carried out by setting conditions for creating original images, and the conventional algorithm for making periodic image can be used. Therefor it can be applied to direct generation of periodic image using MegaPOV.
キーワード (和) 周期立体像 / レンチキュラーレンズ / MegaPOV / 3D / モアレ / 奥行き / /  
(英) Periodic Stereo Image / lenticular lens / MegaPOV / 3D / moiré / depth / /  
文献情報 映情学技報, vol. 35, no. 15, 3DIT2011-13, pp. 51-54, 2011年3月.
資料番号 3DIT2011-13 
発行日 2011-03-07 (3DIT) 
ISSN Print edition: ISSN 1342-6893  Online edition: ISSN 2424-1970
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 3DIT  
開催期間 2011-03-14 - 2011-03-15 
開催地(和) 東京工科大学 蒲田キャンパス 
開催地(英) Tokyo Univ. of Tech. 
テーマ(和) 立体映像における人間工学的研究-立体映像の知覚認知・生体作用とその評価,及び立体映像技術一般(HI研究会共催) 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 3DIT 
会議コード 2011-03-3DIT 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 周期的な奥行き変化のある周期立体像 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Periodic stereo image which has periodically changing depth 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 周期立体像 / Periodic Stereo Image  
キーワード(2)(和/英) レンチキュラーレンズ / lenticular lens  
キーワード(3)(和/英) MegaPOV / MegaPOV  
キーワード(4)(和/英) 3D / 3D  
キーワード(5)(和/英) モアレ / moiré  
キーワード(6)(和/英) 奥行き / depth  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 大石 則司 / Noriji Oishi / オオイシ ノリジ
第1著者 所属(和/英) * (略称: *)
* (略称: *)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第2著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2011-03-15 10:10:00 
発表時間 25 
申込先研究会 3DIT 
資料番号 ITE-3DIT2011-13 
巻番号(vol) ITE-35 
号番号(no) no.15 
ページ範囲 pp.51-54 
ページ数 ITE-4 
発行日 ITE-3DIT-2011-03-07 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[映像情報メディア学会ホームページ]


ITE / 映像情報メディア学会