お知らせ ◆映像情報メディア学会における研究会の開催について (新型コロナウイルス関連)2021年7月21日更新
映像情報メディア学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2011-06-16 17:10
複数視差を持つ大型裸眼立体ディスプレイにおけるコンテンツ制作の指針
牧野真緒Roberto Lopez-Gulliver岩澤昭一郎河北真宏NICT
抄録 (和) 本研究では,複数の視差を持つ大型裸眼立体ディスプレイ用のコンテンツ制作の指針を得ることを目的 とする.はじめに,当機構で開発した裸眼立体ディスプレイにおける表示立体像の解像度特性を調べた.得られた 解像度特性を考慮して,見せたいコンテンツを解像度特性の良い領域に表示するとともに,解像度特性が低下する 奥行き領域においては,顕著な画質劣化を防ぎ,観察者に自然な映像を提示する処理を行った.さらに試作した 200 インチ裸眼立体ディスプレイを用いて,本解像度特性を考慮したコンテンツ制作の実験を行い,ディスプレイに適 した見やすい立体像表示が表示できることを示したので報告する. 
(英) This paper aims to provide necessary guidelines for contents creation for auto-stereoscopic displays with dense horizontal parallax. First, we investigate the resolution characteristics of the displayed 3D image in auto-stereoscopic displays. Based on these resolution characteristics, we identify the region with best resolution to effectively display 3D contents. In the case of regions with low resolution, we suitably process the images in order to avoid the resolution loss due to the display's special configuration, thus achieving a more natural image viewing for the observers. Experiments results, using our in-house 200-inch auto-stereoscopic display, show natural 3D images especially suitable for its resolution characteristics.
キーワード (和) 裸眼立体ディスプレイ / プロジェクタアレイ方式 / 3DCG / コンテンツ制作 / / / /  
(英) Auto-stereoscopic displays / multi-projector based displays / 3D computer graphics / contents creation / / / /  
文献情報 映情学技報, vol. 35, no. 22, 3DIT2011-62, pp. 45-48, 2011年6月.
資料番号 3DIT2011-62 
発行日 2011-06-09 (IDY, 3DIT) 
ISSN Print edition: ISSN 1342-6893  Online edition: ISSN 2424-1970
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 3DIT IDY  
開催期間 2011-06-16 - 2011-06-16 
開催地(和) 情報通信研究機構 
開催地(英) NICT 
テーマ(和) 立体映像技術一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 3DIT 
会議コード 2011-06-3DIT-IDY 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 複数視差を持つ大型裸眼立体ディスプレイにおけるコンテンツ制作の指針 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Considerations on three-dimensional contents creation for and auto-stereoscopic HD projection display with dense horizontal parallax. 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 裸眼立体ディスプレイ / Auto-stereoscopic displays  
キーワード(2)(和/英) プロジェクタアレイ方式 / multi-projector based displays  
キーワード(3)(和/英) 3DCG / 3D computer graphics  
キーワード(4)(和/英) コンテンツ制作 / contents creation  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 牧野 真緒 / Mao Makino / マキノ マオ
第1著者 所属(和/英) 独立行政法人 情報通信研究機構 (略称: NICT)
National Institute of Information and Communications Technology (略称: NICT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) Roberto Lopez-Gulliver / Roberto Lopez-Gulliver / Roberto Lopez-Gulliver
第2著者 所属(和/英) 独立行政法人 情報通信研究機構 (略称: NICT)
National Institute of Information and Communications Technology (略称: NICT)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 岩澤 昭一郎 / Shoichiro Iwasawa / イワサワ ショウイチロウ
第3著者 所属(和/英) 独立行政法人 情報通信研究機構 (略称: NICT)
National Institute of Information and Communications Technology (略称: NICT)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 河北 真宏 / Masahiro Kawakita / カワキタ マサヒロ
第4著者 所属(和/英) 独立行政法人 情報通信研究機構 (略称: NICT)
National Institute of Information and Communications Technology (略称: NICT)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2011-06-16 17:10:00 
発表時間 20 
申込先研究会 3DIT 
資料番号 ITE-IDY2011-28,ITE-3DIT2011-62 
巻番号(vol) ITE-35 
号番号(no) no.22 
ページ範囲 pp.45-48 
ページ数 ITE-4 
発行日 ITE-IDY-2011-06-09,ITE-3DIT-2011-06-09 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[映像情報メディア学会ホームページ]


ITE / 映像情報メディア学会