お知らせ ◆映像情報メディア学会における研究会の開催について (新型コロナウイルス関連)2021年7月21日更新
映像情報メディア学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2011-06-21 10:30
回転不変位相限定相関法の超解像技術への応用
谷口和輝韓 先花岩本祐太郎笹谷 聡大橋基範陳 延偉立命館大
抄録 (和) 画像の解像度をソフトウェア面から向上させる超解像技術の中で,複数枚の低解像度画像を用いて一枚の高解像度画像を生成するマルチフレーム手法があるが,この手法では大きな回転を含む画像群を使用することは困難であった.しかし,リモート・センシングなどの分野において回転を含む画像は多く存在している.この問題点を改善するべく, 我々は位置合わせ手法の一つである回転不変位相限定相関法によって得られた回転パラメータに対して勾配法を用いることで高精度な推定を可能にし,高解像度化を図る手法を提案する.本論文では,提案法に反復逆投影法を加えることで,より鮮明な画像を生成し,補間拡大画像との比較から提案手法の有用性を検証する. 
(英) Multi-Frame Super-Resolution is a technique which attempts to reconstruct high-resolution image by fusing a number of low-resolution images. Therein, high-accuracy registration for the input low-resolution image set is required for reconstruction a clear high-resolution image. The conventional registration approaches for Multi-Frame Super-Resolution such as Iterative Back Projection and LK optical flow methods, can obtain accurate parameters for tiny translation or rotation movement between images. However, for large movement especially in rotation, there are still no efficient methods for reconstructing high-resolution image. Therefore, in this paper we proposed a new method using Rotation Invariant Phase Only Correlation, which can estimate large rotation parameter, and then follow the Iterative back Projection method for obtaining the high accurate parameters. Experimental results show that the reconstructed high resolution images by our proposed approach are much better than those by interpolation techniques.
キーワード (和) 超解像技術 / 位置合わせ / 位相限定相関法 / 反復逆投影法 / / / /  
(英) Image Super-Resolution / Registration / Phase Only Correlation / Iterative Back Projection / / / /  
文献情報 映情学技報, vol. 35, no. 23, ME2011-73, pp. 33-36, 2011年6月.
資料番号 ME2011-73 
発行日 2011-06-13 (IST, ME) 
ISSN Print edition: ISSN 1342-6893  Online edition: ISSN 2424-1970
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 IST ME  
開催期間 2011-06-20 - 2011-06-21 
開催地(和) 金沢大学 
開催地(英) Kanazawa Univ. 
テーマ(和) インタラクティブシステム・画像入力デバイス・方式,及び一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 ME 
会議コード 2011-06-IST-ME 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 回転不変位相限定相関法の超解像技術への応用 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Image Super-resolution using RIPOC-based registration 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 超解像技術 / Image Super-Resolution  
キーワード(2)(和/英) 位置合わせ / Registration  
キーワード(3)(和/英) 位相限定相関法 / Phase Only Correlation  
キーワード(4)(和/英) 反復逆投影法 / Iterative Back Projection  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 谷口 和輝 / Kazuki Taniguchi / タニグチ カズキ
第1著者 所属(和/英) 立命館大学 (略称: 立命館大)
Ritsumeikan University (略称: Ritsumeikan Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 韓 先花 / Han Xian-Hua / ハン シェンファ
第2著者 所属(和/英) 立命館大学 (略称: 立命館大)
Ritsumeikan University (略称: Ritsumeikan Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 岩本 祐太郎 / Yutaro Iwamoto / イワモト ユウタロウ
第3著者 所属(和/英) 立命館大学 (略称: 立命館大)
Ritsumeikan University (略称: Ritsumeikan Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 笹谷 聡 / So Sasatani / ササタニ ソウ
第4著者 所属(和/英) 立命館大学 (略称: 立命館大)
Ritsumeikan University (略称: Ritsumeikan Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 大橋 基範 / Motonori Ohashi / オオハシ モトノリ
第5著者 所属(和/英) 立命館大学 (略称: 立命館大)
Ritsumeikan University (略称: Ritsumeikan Univ.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 陳 延偉 / Chen Yen-Wei / チェ ン イェンウェイ
第6著者 所属(和/英) 立命館大学 (略称: 立命館大)
Ritsumeikan University (略称: Ritsumeikan Univ.)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2011-06-21 10:30:00 
発表時間 30 
申込先研究会 ME 
資料番号 ITE-IST2011-41,ITE-ME2011-73 
巻番号(vol) ITE-35 
号番号(no) no.23 
ページ範囲 pp.33-36 
ページ数 ITE-4 
発行日 ITE-IST-2011-06-13,ITE-ME-2011-06-13 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[映像情報メディア学会ホームページ]


ITE / 映像情報メディア学会