映像情報メディア学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2011-10-14 10:35
室内空間における魚眼レンズを用いた全周囲映像提示の提案
松嶋一浩川辺泰弘佐藤美恵春日正男宇都宮大)・橋本直己電通大
抄録 (和) 鑑賞者の全周囲に映像を投影し,あたかも映像の中に入り込んでいるような感覚である没入感を与える映像提示技術が研究されている.全周囲映像提示における問題としては,鑑賞者の周囲を覆うスクリーンや,多くのプロジェクタが必要であり,特定の場所でしか提示できない点が挙げられる.そこで本研究では,室内の壁面をスクリーンとして,魚眼レンズを用いることで2台のプロジェクタで全周囲に映像を投影し,一般家庭などでも利用できる全周囲映像提示を提案する. 
(英) Surrounding images can give an immersive feeling. However, surrounding image projection needs to construct special screens that surround audiences and to prepare a number of projectors for presenting surrounding images on the screens. Consequently, it is difficult to enjoy surrounding images at home. In this study, we use walls of an indoor space as surrounding screens, and to project surrounding images with two projectors, we expand the projected planes by placing a fish-eye lens in front of each of the projectors.
キーワード (和) 全周囲映像提示 / 魚眼レンズ / 没入感 / / / / /  
(英) Surrounding Image Projection / Fish-eye Lens / Immersive Feeling / / / / /  
文献情報 映情学技報, vol. 35, no. 39, ME2011-124, pp. 37-40, 2011年10月.
資料番号 ME2011-124 
発行日 2011-10-06 (ME) 
ISSN Print edition: ISSN 1342-6893  Online edition: ISSN 2424-1970

研究会情報
研究会 ME JSKE  
開催期間 2011-10-13 - 2011-10-14 
開催地(和) 宇都宮大学 日光自然ふれあいハウス 
開催地(英) Utsunomiya University, Nikko Nature-House 
テーマ(和) 感性とメディア及び一般 
テーマ(英) Kansei, Media, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 ME 
会議コード 2011-10-ME-JSKE 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 室内空間における魚眼レンズを用いた全周囲映像提示の提案 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Proposal of Surrounding Image Projection Using Fish-Eye Lenses in an Indoor Space 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 全周囲映像提示 / Surrounding Image Projection  
キーワード(2)(和/英) 魚眼レンズ / Fish-eye Lens  
キーワード(3)(和/英) 没入感 / Immersive Feeling  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 松嶋 一浩 / Kazuhiro Matsushima / マツシマ カズヒロ
第1著者 所属(和/英) 宇都宮大学 (略称: 宇都宮大)
Utsunomiya University (略称: Utsunomiya Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 川辺 泰弘 / Yasuhiro Kawabe / カワベ ヤスヒロ
第2著者 所属(和/英) 宇都宮大学 (略称: 宇都宮大)
Utsunomiya University (略称: Utsunomiya Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 佐藤 美恵 / Mie Sato / サトウ ミエ
第3著者 所属(和/英) 宇都宮大学 (略称: 宇都宮大)
Utsunomiya University (略称: Utsunomiya Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 春日 正男 / Masao Kasuga / カスガ マサオ
第4著者 所属(和/英) 宇都宮大学 (略称: 宇都宮大)
Utsunomiya University (略称: Utsunomiya Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 橋本 直己 / Naoki Hashimoto / ハシモト ナオキ
第5著者 所属(和/英) 電気通信大学 (略称: 電通大)
The University of Electro-Communications (略称: UEC)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2011-10-14 10:35:00 
発表時間 25 
申込先研究会 ME 
資料番号 ITE-ME2011-124 
巻番号(vol) ITE-35 
号番号(no) no.39 
ページ範囲 pp.37-40 
ページ数 ITE-4 
発行日 ITE-ME-2011-10-06 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[映像情報メディア学会ホームページ]


ITE / 映像情報メディア学会