映像情報メディア学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2011-11-18 13:50
局所的輝度補正手法におけるハロー効果制御の検討
下山荘介池辺将之五十嵐正樹水野 暁本久順一北大
抄録 (和) 広ダイナミックレンジ(HDR:High Dynamic Range)圧縮に有効である局所ヒストグラム平均化手法(LHE:Local Histogram Equalization)は演算量が膨大であり,画質に不自然さが残る.演算量改善のためヒストグラムの階級数削減、画素の市松模様型の取得, ラインバッファへの格納を採用した.結果として局所ヒストグラムの演算はO(1)で実行される.次に, 画質改善のためガンマ補正関数の合成によるヒストグラム平均化の近似を検討した.また,階級平均値の導入による局所ヒストグラムの制御を提案し,ハロー効果の抑制・制御を可能にした.ハロー効果の制御について感性評価を行い,制御パラメータの範囲を設定した。 
(英) Local Histogram Equalization (LHE), which is efficient for High Dynamic Range (HDR) compression, requires a large amount of calculation and induces unnatural image quality. Using checker-wise histogram acquisition and line buffer, memory accessing for local histograms is processed in O(1) time. For improving image quality, we proposed approximation of LHE by compositing gamma functions. Moreover the weighting of local histogram is developed by introducing mean values of bins for the suppression and control of halo effect. We set the range of parameters for controlling halo effect by sensitivity evaluation.
キーワード (和) 広ダイナミックレンジ圧縮 / 局所ヒストグラム平均化 / ガンマ補正関数 / ハロー効果 / / / /  
(英) High Dynamic Range Compression / Local Histogram Equalization (LHE) / Gamma Correction / Halo effect / / / /  
文献情報 映情学技報, vol. 35, no. 47, IST2011-70, pp. 9-12, 2011年11月.
資料番号 IST2011-70 
発行日 2011-11-11 (IST) 
ISSN Print edition: ISSN 1342-6893  Online edition: ISSN 2424-1970

研究会情報
研究会 IST  
開催期間 2011-11-18 - 2011-11-18 
開催地(和) 機械振興会館 
開催地(英) Kikai-Shinko-Kaikan Bldg. 
テーマ(和) 2011 International Image Sensor Workshop (IISW)関連およびイメージセンサ一般 
テーマ(英) 2011 International Image Sensor Workshop (IISW), etc 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IST 
会議コード 2011-11-IST 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 局所的輝度補正手法におけるハロー効果制御の検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) An approach to control halo suppression for local adaptive tone mapping 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 広ダイナミックレンジ圧縮 / High Dynamic Range Compression  
キーワード(2)(和/英) 局所ヒストグラム平均化 / Local Histogram Equalization (LHE)  
キーワード(3)(和/英) ガンマ補正関数 / Gamma Correction  
キーワード(4)(和/英) ハロー効果 / Halo effect  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 下山 荘介 / Sousuke Shimoayama / シモヤマ ソウスケ
第1著者 所属(和/英) 北海道大学 (略称: 北大)
Hokkaido University (略称: Hokudai)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 池辺 将之 / Masayuki Ikebe / イケベ マサユキ
第2著者 所属(和/英) 北海道大学 (略称: 北大)
Hokkaido University (略称: Hokudai)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 五十嵐 正樹 / Masaki Igarashi / イガラシ マサキ
第3著者 所属(和/英) 北海道大学 (略称: 北大)
Hokkaido University (略称: Hokudai)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 水野 暁 / Akira Mizuno / ミズノ アキラ
第4著者 所属(和/英) 北海道大学 (略称: 北大)
Hokkaido University (略称: Hokudai)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 本久 順一 / Junichi Motohisa / モトヒサ ジュンイチ
第5著者 所属(和/英) 北海道大学 (略称: 北大)
Hokkaido University (略称: Hokudai)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2011-11-18 13:50:00 
発表時間 25 
申込先研究会 IST 
資料番号 ITE-IST2011-70 
巻番号(vol) ITE-35 
号番号(no) no.47 
ページ範囲 pp.9-12 
ページ数 ITE-4 
発行日 ITE-IST-2011-11-11 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[映像情報メディア学会ホームページ]


ITE / 映像情報メディア学会