映像情報メディア学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2011-11-18 15:05
ARに基づく水耕栽培に関する新しいシステムの構築
児玉 峻今村弘樹創価大
抄録 (和) 本研究は,遠隔地にあるロボットを導入した複数の水耕栽培環境を効率的に管理するシステムの実現を目指す.このシステムにより,複数の栽培地を同時に管理することで,人件費の削減や作業効率の向上を図ることが可能となる.また,自動化の難しい経験的な知識が必要となる農作業を遠隔地にいる農業者がロボット介して間接的に行うことで,さらなる効果が期待できる.これらのシステムを実現するためには,直感的なインターフェースの実現が重要な要素となる.本稿では,効率的な環境情報の提示およびロボットの操作を目的とした,拡張現実感技術を用いた直感的なインターフェースを提案する. 
(英) We propose the system to efficiently manage more than one cultivation areas of hydroponic-culture with robots. In the system, users can remotely perform agricultural task that needs experimental knowledge via robot by remote manipulating. By managing more than one cultivation area with our system at one time, we can reduce the employment cost and improve work efficiency. To realize the system, development of the intuitive interface is an important element. In this paper, we propose the intuitive interface for effective information presentation and robot manipulation by using Augmented Reality technology.
Keyword Robot,Hydroponic culture,Interface,Augmented Reality
キーワード (和) ロボット / 水耕栽培 / インターフェース / 拡張現実感 / / / /  
(英) Robot / Hydroponic culture / Interface / Augmented Reality / / / /  
文献情報 映情学技報, vol. 35, no. 47, IST2011-73, pp. 21-24, 2011年11月.
資料番号 IST2011-73 
発行日 2011-11-11 (IST) 
ISSN Print edition: ISSN 1342-6893  Online edition: ISSN 2424-1970

研究会情報
研究会 IST  
開催期間 2011-11-18 - 2011-11-18 
開催地(和) 機械振興会館 
開催地(英) Kikai-Shinko-Kaikan Bldg. 
テーマ(和) 2011 International Image Sensor Workshop (IISW)関連およびイメージセンサ一般 
テーマ(英) 2011 International Image Sensor Workshop (IISW), etc 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IST 
会議コード 2011-11-IST 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) ARに基づく水耕栽培に関する新しいシステムの構築 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) The construction of a new system related to hydroponic culture based on AR 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) ロボット / Robot  
キーワード(2)(和/英) 水耕栽培 / Hydroponic culture  
キーワード(3)(和/英) インターフェース / Interface  
キーワード(4)(和/英) 拡張現実感 / Augmented Reality  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 児玉 峻 / Shun Kodama / コダマ シュン
第1著者 所属(和/英) 創価大学 (略称: 創価大)
Soka University (略称: Soka Univ)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 今村 弘樹 / Hiroki Imamura / イマムラ ヒロキ
第2著者 所属(和/英) 創価大学 (略称: 創価大)
Soka University (略称: Soka Univ)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2011-11-18 15:05:00 
発表時間 25 
申込先研究会 IST 
資料番号 ITE-IST2011-73 
巻番号(vol) ITE-35 
号番号(no) no.47 
ページ範囲 pp.21-24 
ページ数 ITE-4 
発行日 ITE-IST-2011-11-11 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[映像情報メディア学会ホームページ]


ITE / 映像情報メディア学会