お知らせ ◆映像情報メディア学会における研究会の開催について (新型コロナウイルス関連)2021年7月21日更新
映像情報メディア学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2011-12-15 16:10
[特別招待講演]世界の映像メディアの頂点に立つFTV
谷本正幸名大
抄録 (和) ユーザが自ら視点を自由に移動させて3次元シーンを見ることができる自由視点テレビ(Free-viewpoint Television, FTV)は,無限の視点を持つ究極の3次元テレビであり,世界の映像メディアの頂点に立つ.撮影から表示までの全てをリアルタイムで行うFTVシステムを構築すると共に,ノートPCや携帯端末での自由視点画像生成や自由聴点の実装にも成功している.また,3D空間の全ての光線を取得し再現する光線再現型FTVの開発を進めている.更に,FTVをMPEGに提案し,その国際標準化を推進している.FTVの第1フェーズは多視点映像符号化(Multi-view Video Coding, MVC),第2フェーズは3DV(3D Video)である.2009年に成立したMVCは多視点映像を効率よく符号化するもので,ブルーレイ3Dに採用された.現在,FTVの第2フェーズとして,多眼式3次元ディスプレイに表示する3DV(3D Video)の標準化を行っている. 
(英) FTV (Free-viewpoint TV) that enables to view a 3D world by freely changing the viewpoint is the ultimate 3DTV and ranked as the top of visual media in the world. We proposed the concept of FTV and constructed the world’s first real-time system including the complete chain of operation from image capture to display. At present, FTV is available on a laptop PC or a mobile player, and FTV with free listening-point audio is also realized. We have been developing ray-reproducing FTV that captures all rays in 3D space and reproduces the same rays at different place and time. We proposed FTV to MPEG in 2001 and have been promoting its international standardization. The first phase of FTV was MVC (Multi-view Video Coding) and the second phase of FTV is 3DV (3D Video). MVC completed in 2009 enables the efficient coding of multiple camera views and has been adopted by Blu-ray 3D. 3DV is a standard that targets serving a variety of 3D displays and is currently in progress.
キーワード (和) 自由視点テレビ / FTV / 光線再現 / MPEG / MVC / 3DV / /  
(英) Free-viewpoint TV / FTV / ray-reproducing / MPEG / MVC / 3DV / /  
文献情報 映情学技報
資料番号  
発行日  
ISSN Print edition: ISSN 1342-6893  Online edition: ISSN 2424-1970
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 IEICE-CS IPSJ-AVM BCT IEICE-IE  
開催期間 2011-12-15 - 2011-12-16 
開催地(和) 名古屋大学 
開催地(英) Nagoya Univ. 
テーマ(和) 画像符号化,通信・ストリーム技術,一般 
テーマ(英) Image Conding, Streaming, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IEICE-CS 
会議コード 2011-12-CS-AVM-BCT-IE 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 世界の映像メディアの頂点に立つFTV 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) FTV Ranked as the Top of Visual Media in the World 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 自由視点テレビ / Free-viewpoint TV  
キーワード(2)(和/英) FTV / FTV  
キーワード(3)(和/英) 光線再現 / ray-reproducing  
キーワード(4)(和/英) MPEG / MPEG  
キーワード(5)(和/英) MVC / MVC  
キーワード(6)(和/英) 3DV / 3DV  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 谷本 正幸 / Masayuki Tanimoto / タニモト マサユキ
第1著者 所属(和/英) 名古屋大学 (略称: 名大)
Nagoya University (略称: Nagoya Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第2著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2011-12-15 16:10:00 
発表時間 50 
申込先研究会 IEICE-CS 
資料番号  
巻番号(vol) ITE-35 
号番号(no)  
ページ範囲  
ページ数 ITE- 
発行日  


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[映像情報メディア学会ホームページ]


ITE / 映像情報メディア学会