お知らせ ◆映像情報メディア学会における研究会の開催について (新型コロナウイルス関連)2021年7月21日更新
映像情報メディア学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2012-01-26 14:10
左手系/右手系複合線路を用いた漏れ波アンテナのグラウンド板による円偏波特性の影響
石井将彦福迫 武熊本大
抄録 (和) 現在,右手系/左手系複合伝送線路(CRLH-TL)を用いた漏れ波アンテナが多々報告されている.また,円偏波特性を持つものも報告されているが移相器を用いるなど複雑化してきている.そのため本研究では移相器を用いず基本的な櫛形構造のままで円偏波特性を持つCRLH-TLを用いた漏れ波アンテナを提案する.今回,主にグラウンド板の影響を考慮して円偏波の発生を検討した. 
(英) Nowadays, many kinds of leaky wave antennas using composite right/left-handed transmission line have been reported. Some of them have circular polarization characteristics but tend to be complicated. Therefore circularly polarized leaky wave antenna which has no phase shifter and still has basic comb-shaped unit cell is proposed . In this paper, considering the effect of ground plane, the authors try to generate circular polarization.
キーワード (和) 漏れ波アンテナ / 円偏波 / CRLH伝送線路 / / / / /  
(英) Leaky Wave Antenna / Circular Polarization / CRLH Transmission Line / / / / /  
文献情報 映情学技報, vol. 36, no. 3, BCT2012-4, pp. 13-16, 2012年1月.
資料番号 BCT2012-4 
発行日 2012-01-19 (BCT) 
ISSN Print edition: ISSN 1342-6893  Online edition: ISSN 2424-1970
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 BCT IEEE-BT IEEE-AP-S-FUKUOKA  
開催期間 2012-01-26 - 2012-01-27 
開催地(和) 福岡工業大学 
開催地(英) Fukuoka Institute of Technology 
テーマ(和) 学生若手発表および一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 BCT 
会議コード 2012-01-BCT-BT-AP-S-FUKUOKA 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 左手系/右手系複合線路を用いた漏れ波アンテナのグラウンド板による円偏波特性の影響 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Effect of ground plane on the circular polarization characteristics on leaky wave antenna using composite right/left-handed transmission line 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 漏れ波アンテナ / Leaky Wave Antenna  
キーワード(2)(和/英) 円偏波 / Circular Polarization  
キーワード(3)(和/英) CRLH伝送線路 / CRLH Transmission Line  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 石井 将彦 / Masahiko Ishii / イシイ マサヒコ
第1著者 所属(和/英) 熊本大学 (略称: 熊本大)
Kumamoto University (略称: Kumamoto Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 福迫 武 / Takeshi Fukusako / フクサコ タケシ
第2著者 所属(和/英) 熊本大学 (略称: 熊本大)
Kumamoto University (略称: Kumamoto Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2012-01-26 14:10:00 
発表時間 20 
申込先研究会 BCT 
資料番号 ITE-BCT2012-4 
巻番号(vol) ITE-36 
号番号(no) no.3 
ページ範囲 pp.13-16 
ページ数 ITE-4 
発行日 ITE-BCT-2012-01-19 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[映像情報メディア学会ホームページ]


ITE / 映像情報メディア学会