お知らせ ◆映像情報メディア学会における研究会の開催について (新型コロナウイルス関連)2021年7月21日更新
映像情報メディア学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2012-02-10 09:05
複数ダイポールのインピーダンス行列要素間の関係
飯草恭一原田博司NICT
抄録 (和) ダイポールアンテナに流れる電流にはポート部で0となる成分が存在し,その電流振幅のポート電圧に対する比をとしたとき,j/のリアクタンスをポートに装荷することにより電気的影響がほとんどない状態になる.このため,各素子n に応じたリアクタンスj/nを装荷したダイポールを複数,別のダイポールに接近させても,そのダイポールの入力インピーダンスは単体状態の入力インピーダンスZ’11にほぼ保持される.nはダイポールの配置にほとんど依存せず,また,Z’11も単体状態の特性のため配置に依存しないので,ダイポールの配置にほとんど依存せずに成り立つインピーダンス行列要素Zmn間の関係式が得られる.この関係式を明らかにするとともに,ダイポール間隔に依存するファクターについても調べる. 
(英) There is a component that is zero at the port in the current distribution of a dipole antenna. The electric influence of a dipole can be almost eliminated by loading the port with the reactance of j/, where is the ratio of the current component to the port voltage. Therefore, even if a dipole is surrounded with some dipoles, the input impedance of the dipole becomes almost Z'11 that is the input impedance when the dipole is isolated as long as each surrounding dipoles n are loaded with the reactance of j/n. Since n is hardly dependent on the arrangement of the dipoles and Z'11 is the characteristic of the isolated dipole, the expression of the relation between the impedance-matrix elements Zmn which hardly depend on the arrangement of the dipoles is obtained. While clarifying this expression, the factor depending on the interval of dipoles is also investigated.
キーワード (和) ダイポール / インピーダンス / リアクタンス / 行列 / 力インピーダンス / アドミタンス / /  
(英) Dipole / Impedance / Reactance / Matrix / Input impedance / Admittance / /  
文献情報 映情学技報
資料番号  
発行日  
ISSN Print edition: ISSN 1342-6893  Online edition: ISSN 2424-1970
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 BCT IEICE-AP  
開催期間 2012-02-09 - 2012-02-10 
開催地(和) NHK広島局 
開催地(英)  
テーマ(和) 放送技術・アンテナ伝搬および一般(IEEE AP-S, IEEE BT共催) 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IEICE-AP 
会議コード 2012-02-AP-BCT 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 複数ダイポールのインピーダンス行列要素間の関係 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Relation between Elements of Impedance Matrix of Dipoles 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) ダイポール / Dipole  
キーワード(2)(和/英) インピーダンス / Impedance  
キーワード(3)(和/英) リアクタンス / Reactance  
キーワード(4)(和/英) 行列 / Matrix  
キーワード(5)(和/英) 力インピーダンス / Input impedance  
キーワード(6)(和/英) アドミタンス / Admittance  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 飯草 恭一 / Kyoichi Iigusa / イイグサ キョウイチ
第1著者 所属(和/英) 情報通信研究機構 (略称: NICT)
NICT (略称: NICT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 原田 博司 / Hiroshi Harada / ハラダ ヒロシ
第2著者 所属(和/英) 情報通信研究機構 (略称: NICT)
NICT (略称: NICT)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2012-02-10 09:05:00 
発表時間 25 
申込先研究会 IEICE-AP 
資料番号  
巻番号(vol) 36 
号番号(no)  
ページ範囲  
ページ数  
発行日  


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[映像情報メディア学会ホームページ]


ITE / 映像情報メディア学会