お知らせ ◆映像情報メディア学会における研究会の開催について (新型コロナウイルス関連)2021年7月21日更新
映像情報メディア学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2012-02-25 09:20
地上波デジタル放送における複数チャンネル連結のためのガードバンド補間方法の検討
生天目 翔中村 聡大野光平東京理科大)・太田弘毅NICT)・伊丹 誠東京理科大
抄録 (和) 地上波デジタル放送の難視を改善するために,マルチパスを特定する必要がある.遅延プロファイルの分解能を向上させるためには,複数のチャンネルを連結して周波数帯域幅を広げることが有効である.しかしながら,チャンネル間にガードバンドが存在し,周波数応答が欠落している.本報告では,RLSアルゴリズムに基づく適応フィルタを用いてガードバンド部分の周波数応答を補間し,遅延プロファイルの分解能向上方法を検討した. 
(英) In Digital Terrestrial Television Broadcasting (DTTB), the identification of multipath is important to improve its reception quality. In order to enhance the resolution of the delay profile, it is effective that plural channels are connected and the frequency bandwidth is extended. However, the guard band is existed between each channel and the frequency response is dropped off. In this report, interpolation scheme by using the adaptive filter based on the RLS algorism is proposed to enhance the resolution of the delay profile.
キーワード (和) 地上波デジタル放送 / チャンネル連結 / ガードバンド / 遅延プロファイル / 伝達関数 / マルチパス / /  
(英) DTTB / Channel Connection / Guard Band / Delay Profile / Transfer Function / Multipath / /  
文献情報 映情学技報, vol. 36, no. 10, BCT2012-43, pp. 49-52, 2012年2月.
資料番号 BCT2012-43 
発行日 2012-02-17 (BCT) 
ISSN Print edition: ISSN 1342-6893  Online edition: ISSN 2424-1970
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 BCT IEEE-BT  
開催期間 2012-02-24 - 2012-02-25 
開催地(和) かんぽの宿 焼津 
開催地(英) Kanpo no yado Yaidu 
テーマ(和) 学生若手発表および一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 BCT 
会議コード 2012-02-BCT-BT 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 地上波デジタル放送における複数チャンネル連結のためのガードバンド補間方法の検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Study of the Guard Band Interpolation Scheme for Channel Connection in Digital Terrestrial Television Broadcasting 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 地上波デジタル放送 / DTTB  
キーワード(2)(和/英) チャンネル連結 / Channel Connection  
キーワード(3)(和/英) ガードバンド / Guard Band  
キーワード(4)(和/英) 遅延プロファイル / Delay Profile  
キーワード(5)(和/英) 伝達関数 / Transfer Function  
キーワード(6)(和/英) マルチパス / Multipath  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 生天目 翔 / Sho Nabatame / ナバタメ ショウ
第1著者 所属(和/英) 東京理科大学 (略称: 東京理科大)
Tokyo University of Science (略称: TUS)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 中村 聡 / Akira Nakamura / ナカムラ アキラ
第2著者 所属(和/英) 東京理科大学 (略称: 東京理科大)
Tokyo University of Science (略称: TUS)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 大野 光平 / Kohei Ohno / オオノ コウヘイ
第3著者 所属(和/英) 東京理科大学 (略称: 東京理科大)
Tokyo University of Science (略称: TUS)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 太田 弘毅 / Hiroki Ohta / オオタ ヒロキ
第4著者 所属(和/英) 独立行政法人 情報通信研究機構 (略称: NICT)
National Institute of Information and Communications Technology (略称: NICT)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 伊丹 誠 / Makoto Itami / マコト イタミ
第5著者 所属(和/英) 東京理科大学 (略称: 東京理科大)
Tokyo University of Science (略称: TUS)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2012-02-25 09:20:00 
発表時間 25 
申込先研究会 BCT 
資料番号 ITE-BCT2012-43 
巻番号(vol) ITE-36 
号番号(no) no.10 
ページ範囲 pp.49-52 
ページ数 ITE-4 
発行日 ITE-BCT-2012-02-17 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[映像情報メディア学会ホームページ]


ITE / 映像情報メディア学会