お知らせ ◆映像情報メディア学会における研究会の開催について (新型コロナウイルス関連)2021年7月21日更新
映像情報メディア学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2012-03-05 13:50
電子ホログラフィ映像の拡大投影の検討 ~ 像サイズと視域の拡大に向けて ~
妹尾孝憲大友 明山本健詞大井隆太朗市橋保之栗田泰一郎NICT
抄録 (和) 電子ホログラフィは,表示デバイスに光の波長程度の画素サイズが必要な為,大きな映像や広い視域の像再生が困難である.像を拡大又は縮小投影する事により,像サイズ又は視域のいずれかを拡大可能であるが,他方が縮小される.本報告では,電子ホログラフィ映像を水中に拡散した微粒子に拡大投影することにより,像サイズと視域を拡大する方法を検討した結果を報告する. 
(英) Electronic holography images of large size and wide viewing-zone-angle are difficult to generate since they require display pixels of comparable size as light wave length. Image projection method can realizes the enlargement of either image size or viewing-zone-angle, but not both. In this paper, we report an experimental study of enlargement of both 3D image size and the viewing-zone-angle by projecting 3D images in water where minute particles are dispersed.
キーワード (和) 電子ホログラフィ / 立体映像投影 / 像拡大 / 視域拡大 / 微粒子 / 光散乱 / /  
(英) Electronic holography / 3D image projection / image size enlargement / viewing-zone-angle expansion / particle / light diffusion / /  
文献情報 映情学技報, vol. 36, no. 12, 3DIT2012-7, pp. 29-32, 2012年3月.
資料番号 3DIT2012-7 
発行日 2012-02-27 (HI, 3DIT) 
ISSN Print edition: ISSN 1342-6893  Online edition: ISSN 2424-1970
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 3DIT HI  
開催期間 2012-03-05 - 2012-03-06 
開催地(和) 東京農工大学小金井キャンパス 
開催地(英) Tokyo Univ. of Agri. and Tech. 
テーマ(和) 立体映像における人間工学的研究,及び立体映像技術一般(ヒューマンインフォメーション研究会共催) 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 3DIT 
会議コード 2012-03-3DIT-HI 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 電子ホログラフィ映像の拡大投影の検討 
サブタイトル(和) 像サイズと視域の拡大に向けて 
タイトル(英) Study on Enlargement of Electronic Holography Image by Projection 
サブタイトル(英) For Enlargement of 3D Image Size and Viewing-Zone-Angle 
キーワード(1)(和/英) 電子ホログラフィ / Electronic holography  
キーワード(2)(和/英) 立体映像投影 / 3D image projection  
キーワード(3)(和/英) 像拡大 / image size enlargement  
キーワード(4)(和/英) 視域拡大 / viewing-zone-angle expansion  
キーワード(5)(和/英) 微粒子 / particle  
キーワード(6)(和/英) 光散乱 / light diffusion  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 妹尾 孝憲 / Takananori Senoh / セノオ タカノリ
第1著者 所属(和/英) 情報通信研究機構 (略称: NICT)
National Institute of Information and Communications Technology (略称: NICT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 大友 明 / Akira Ohtomo / オオトモ アキラ
第2著者 所属(和/英) 情報通信研究機構 (略称: NICT)
National Institute of Information and Communications Technology (略称: NICT)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 山本 健詞 / Kenji Yamamoto / ヤマモト ケンジ
第3著者 所属(和/英) 情報通信研究機構 (略称: NICT)
National Institute of Information and Communications Technology (略称: NICT)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 大井 隆太朗 / Ryutaro Oi / オオイ リュタロウ
第4著者 所属(和/英) 情報通信研究機構 (略称: NICT)
National Institute of Information and Communications Technology (略称: NICT)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 市橋 保之 / Yasuyuki Ichihashi / イチハシ ヤスユキ
第5著者 所属(和/英) 情報通信研究機構 (略称: NICT)
National Institute of Information and Communications Technology (略称: NICT)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 栗田 泰一郎 / Taiichirou Kurita / クリタ タイイチロウ
第6著者 所属(和/英) 情報通信研究機構 (略称: NICT)
National Institute of Information and Communications Technology (略称: NICT)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2012-03-05 13:50:00 
発表時間 25 
申込先研究会 3DIT 
資料番号 ITE-HI2012-38,ITE-3DIT2012-7 
巻番号(vol) ITE-36 
号番号(no) no.12 
ページ範囲 pp.29-32 
ページ数 ITE-4 
発行日 ITE-HI-2012-02-27,ITE-3DIT-2012-02-27 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[映像情報メディア学会ホームページ]


ITE / 映像情報メディア学会