お知らせ ◆映像情報メディア学会における研究会等の開催について (新型コロナウイルス関連)
映像情報メディア学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2012-03-06 15:00
複数のGestalt要因による図方向知覚促進
松岡昭平酒井 宏筑波大
抄録 (和) 図方向知覚の手掛かりとして、Gestalt要因が知られている。先行研究では、自然画像の局所的輪郭に含まれるGestalt要因のうち、凸性および閉合性がそれぞれ図方向知覚を促進することが示唆された。しかし、混在する要因の相互作用が図方向知覚に及ぼす影響は知られていない。そこで本研究では、凸性、閉合性が相互作用して図方向知覚に及ぼす影響に関して、心理物理学的に検討する。具体的には、自然画像を対象にして凸性と閉合性を定量化した指標により局所的輪郭刺激を選定した。それを用いて図方向を答える心理物理実験を行い、その結果に対して相互作用を考慮した重回帰分析を行った。この結果から、要因の混在する状況下では、図方向知覚は閉合性の方向に生じやすいことが示された。また、閉合性が僅かでもあれば、その大きさに関わらず同様に知覚が誘導されるという可能性が示唆された。 
(英) Gestalt factors are known as cues for the perception of the direction of figure. A previous study has suggested that the promotion of the direction of figure depends on “convexity” and “closure” among Gestalt factors in local contours of natural images. However, the interaction between these factors has not been clarified in natural scenes where various cues are present simultaneously. The present study examined psychophysically the effect of interaction between convexity and closure on the perception of the direction of figure. First, we selected systematically local contours (image patches) from natural images based on indices of convexity and closure. Then, we conducted psychophysical experiment to measure the direction of figure that is perceived from the local contours. Our multiple regression analysis showed that the direction of figure was judged in the direction of “closure” in the simultaneous presence of multiple factors such as in natural scene. The results also showed that the perception was highly sensitive to the direction of closure; it depended on the direction of closure, but not proportionally to the index of closure.
キーワード (和) 図地分離 / 図方向知覚 / Gestalt要因 / / / / /  
(英) Figure-Ground segregation / Border-Ownership perception / Gestalt factor / / / / /  
文献情報 映情学技報, vol. 36, no. 13, HI2012-50, pp. 13-16, 2012年3月.
資料番号 HI2012-50 
発行日 2012-02-28 (HI, 3DIT) 
ISSN Print edition: ISSN 1342-6893  Online edition: ISSN 2424-1970
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 HI 3DIT  
開催期間 2012-03-06 - 2012-03-07 
開催地(和) 東京農工大学 小金井キャンパス 
開催地(英) Tokyo University of Agriculture and Technology 
テーマ(和) 視聴覚技術,ヒューマンインタフェースおよび一般(立体映像技術研究会共催) 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 HI 
会議コード 2012-03-HI-3DIT 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 複数のGestalt要因による図方向知覚促進 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Promotion of Border-Ownership perception by multiple Gestalt factor 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 図地分離 / Figure-Ground segregation  
キーワード(2)(和/英) 図方向知覚 / Border-Ownership perception  
キーワード(3)(和/英) Gestalt要因 / Gestalt factor  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 松岡 昭平 / Shohei Matsuoka / マツオカ ショウヘイ
第1著者 所属(和/英) 筑波大学 (略称: 筑波大)
University of Tsukuba (略称: Univ. of Tsukuba)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 酒井 宏 / Ko Sakai /
第2著者 所属(和/英) 筑波大学 (略称: 筑波大)
University of Tsukuba (略称: Univ. of Tsukuba)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2012-03-06 15:00:00 
発表時間 25 
申込先研究会 HI 
資料番号 ITE-HI2012-50,ITE-3DIT2012-19 
巻番号(vol) ITE-36 
号番号(no) no.13 
ページ範囲 pp.13-16 
ページ数 ITE-4 
発行日 ITE-HI-2012-02-28,ITE-3DIT-2012-02-28 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[映像情報メディア学会ホームページ]


ITE / 映像情報メディア学会