お知らせ ◆映像情報メディア学会における研究会等の開催について (新型コロナウイルス関連)
映像情報メディア学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2012-03-07 10:30
擬似的不規則画素配置をもつ高精彩な撮像・表示システム
秋田純一金沢大
抄録 (和) カメラ(撮像素子)やディスプレイなどの画像システムの究極の目標は、「きれいな」映像表現であるといえ、従来の画像システムに関する技術は、高解像度化や高ダイナミックレンジ化などの進歩を遂げてきた。しかしこの映像の「きれいさ」とは、本来は「人間にとって」という形容詞がつくべきものであり、人間の視覚系の光学的・知覚的特性を考慮に入れた画像の評価手法に関する研究もあるが、高解像度化などの技術進歩がこれを本質的に改善できるかに関する検討は少ない。著者は、視覚系が画像中の段差に対して高い感度を持つ(副尺視力)点に着目し、画像中の斜め線等のエッジ部分に現れる階段(ジャギー)を原理的に解消するために、画像システムを構成する画素の配置そのものを正方格子状ではなく擬似的に不規則とする手法について提案・検討してきた。本稿では、それらの手法と評価について概観する。 
(英) The final purpose of image systems, composed of the camera and the display, is to repsesent ‘clear’ images, and the conventional development in imaging technologies have been focused on increasing resolutions and enabling wider dynamic range, for instance. The word of ‘clear’ should indicate that ‘clear for human eyesight’. Some researches have been reported on evaluating the clarity of images in terms of considering the optical and perceiving characteristics of human eyesight systems, however, there are few discussions on wheather the conventional development in technologies really improve the ‘clarity for human eyesight.’ The author has been prosing and discussing the imaging systems with pseudorandomly placed pixels in order to eliminate the jaggies in images, since the human eyesight has high sensitivity for jaggies. In this paper, these methodologies and evaluations are described.
キーワード (和) 画像システム / 画像の精彩さ / 擬似的不規則配置 / ジャギー / / / /  
(英) Imaging System / Image Clarity / Pseudorandom Pixel Placement / Jaggy / / / /  
文献情報 映情学技報, vol. 36, no. 13, HI2012-53, pp. 25-28, 2012年3月.
資料番号 HI2012-53 
発行日 2012-02-28 (HI, 3DIT) 
ISSN Print edition: ISSN 1342-6893  Online edition: ISSN 2424-1970
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 HI 3DIT  
開催期間 2012-03-06 - 2012-03-07 
開催地(和) 東京農工大学 小金井キャンパス 
開催地(英) Tokyo University of Agriculture and Technology 
テーマ(和) 視聴覚技術,ヒューマンインタフェースおよび一般(立体映像技術研究会共催) 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 HI 
会議コード 2012-03-HI-3DIT 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 擬似的不規則画素配置をもつ高精彩な撮像・表示システム 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Image Capture and Display System using Pseudorandom Pixel Placement for Clear Imaging 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 画像システム / Imaging System  
キーワード(2)(和/英) 画像の精彩さ / Image Clarity  
キーワード(3)(和/英) 擬似的不規則配置 / Pseudorandom Pixel Placement  
キーワード(4)(和/英) ジャギー / Jaggy  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 秋田 純一 / Junichi Akita / アキタ ジュンイチ
第1著者 所属(和/英) 金沢大学 (略称: 金沢大)
Kanazawa University (略称: Kanazawa Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第2著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2012-03-07 10:30:00 
発表時間 25 
申込先研究会 HI 
資料番号 ITE-HI2012-53,ITE-3DIT2012-22 
巻番号(vol) ITE-36 
号番号(no) no.13 
ページ範囲 pp.25-28 
ページ数 ITE-4 
発行日 ITE-HI-2012-02-28,ITE-3DIT-2012-02-28 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[映像情報メディア学会ホームページ]


ITE / 映像情報メディア学会