お知らせ ◆映像情報メディア学会における研究会等の開催について (新型コロナウイルス関連)
映像情報メディア学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2012-03-07 15:45
網膜数理モデルを用いた固視微動による視知覚増強効果のシミュレーション解析
福岡卓也小濱 剛近畿大
抄録 (和) 注視中に不随意に生じる固視微動が視知覚に及ぼす影響についての報告が相次いでいる.固視微動中のドリフトやトレマが特定の空間周波数帯域の増強効果をもたらすことや,マイクロサッカードが小さなコントラスト差を強調する可能性などが示唆されているが,周辺視野を含む網膜全体の応答に対する固視微動の修飾については,十分な知見が得られていない.本研究では,固視微動が視知覚に及ぼす影響の解明を目的として,網膜神経節細胞の応答特性を再現する数理モデルを用い,錐体細胞の分布を考慮した周辺視野への拡張を施し,固視微動発生時の網膜像のシミュレーション解析を行った.その結果,ドリフトとトレマは高空間周波数入力,マイクロサッカードは低空間周波数入力に対して神経節細胞の膜電位に増強をもたらし,それがM型神経節細胞でより顕著であることが示された.また,固視微動によって網膜の応答に同期的な変化がもたらされる可能性も示唆された. 
(英) In this study, we performed a simulation experiments using a mathematical model of retina considering peripheral characteristics to evaluate the influence of fixation eye movements. Recent studies indicate that drifts and tremor enhance particular spacial frequency components, and microsaccades emphasize the difference of contrast on the visual stimuli. However, the influence of fixation eye movements on the retina, especially on the peripheral retina, is not elucidated. The proposed model considers the distribution function of cone cells and reproduces the property of increase in the size of peripheral receptive fields of ganglion cells. The simulation results show that drifts and tremor enhance the response of ganglion cells for high spatial frequency input, and microsaccades enhance the response for low spatial frequency inputs. These trends are more prominent for in the M-type ganglion cells at some distance from fovea. Furthermore, it suggests that fixation eye movements might derive a synchronous fluctuation on the response of ganglion cells.
キーワード (和) 固視微動 / 視知覚 / 網膜神経節細胞 / 網膜モデル / シミュレーション解析 / / /  
(英) Fixation eye movements / Visual perception / Retina ganglion cells / Retina model / Simulation analysis / / /  
文献情報 映情学技報, vol. 36, no. 13, HI2012-61, pp. 55-58, 2012年3月.
資料番号 HI2012-61 
発行日 2012-02-28 (HI, 3DIT) 
ISSN Print edition: ISSN 1342-6893  Online edition: ISSN 2424-1970
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 HI 3DIT  
開催期間 2012-03-06 - 2012-03-07 
開催地(和) 東京農工大学 小金井キャンパス 
開催地(英) Tokyo University of Agriculture and Technology 
テーマ(和) 視聴覚技術,ヒューマンインタフェースおよび一般(立体映像技術研究会共催) 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 HI 
会議コード 2012-03-HI-3DIT 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 網膜数理モデルを用いた固視微動による視知覚増強効果のシミュレーション解析 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Simulation analysis of enhancement of visual perception caused by fixation eye movements based on a mathematical model of retina 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 固視微動 / Fixation eye movements  
キーワード(2)(和/英) 視知覚 / Visual perception  
キーワード(3)(和/英) 網膜神経節細胞 / Retina ganglion cells  
キーワード(4)(和/英) 網膜モデル / Retina model  
キーワード(5)(和/英) シミュレーション解析 / Simulation analysis  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 福岡 卓也 / Takuya Fukuoka / フクオカ タクヤ
第1著者 所属(和/英) 近畿大学 (略称: 近畿大)
Kinki University (略称: Kinki Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 小濱 剛 / Takeshi Kohama / コハマ タケシ
第2著者 所属(和/英) 近畿大学 (略称: 近畿大)
Kinki University (略称: Kinki Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2012-03-07 15:45:00 
発表時間 25 
申込先研究会 HI 
資料番号 ITE-HI2012-61,ITE-3DIT2012-30 
巻番号(vol) ITE-36 
号番号(no) no.13 
ページ範囲 pp.55-58 
ページ数 ITE-4 
発行日 ITE-HI-2012-02-28,ITE-3DIT-2012-02-28 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[映像情報メディア学会ホームページ]


ITE / 映像情報メディア学会