お知らせ ◆映像情報メディア学会における研究会の開催について (新型コロナウイルス関連)2021年7月21日更新
映像情報メディア学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2012-05-23 15:35
生理的指標による客観的な意外性評価手法の提案 ~ 気づきを与える情報配信サービスに向けて ~
大竹航平加藤俊一中大
抄録 (和) 本論文では意外性を考慮することで情報推薦の満足度が向上すると仮定した.また脳活動を見ることで意外性に対する反応を客観的に計測することができると考え,その手法を提案した.NIRSによって実験を行い,t検定を行ったところ,前頭部において図形では68%のch,図形+文字では32%のchで意外性と非意外性に対する反応の脳血流値に有意差が表れた. 
(英) In this paper,it was assumed that the degree of satisfaction of information recommendation improved to consider serendipity. We thought that the reaction to serendipity was measured objectively by seeing brain activity,then proposed the method. We experimented by NIRS and performed t official approval. In the frontal region,the capable difference appeared in the cerebral-blood-flow value of the reaction to serendipity and non-serendipity by 68% of channel in the experiment of figure and by 32% of channel in the experiment of figure and character.
キーワード (和) 脳血流 / NIRS / 意外性 / 生理指標 / / / /  
(英) Cerebral Blood Flow / NIRS / Serendipity / Physiological Index / / / /  
文献情報 映情学技報, vol. 36, no. 19, ME2012-78, pp. 31-34, 2012年5月.
資料番号 ME2012-78 
発行日 2012-05-16 (ME, AIT) 
ISSN Print edition: ISSN 1342-6893  Online edition: ISSN 2424-1970
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 AIT ME  
開催期間 2012-05-23 - 2012-05-23 
開催地(和) 和歌山大学 まちかどサテライト 
開催地(英) Wakayama University Machikado Satellite 
テーマ(和) 感性情報処理とマルチメディア技術および一般 
テーマ(英) Kansei Information Processing, Multimedia Techniques and others 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 ME 
会議コード 2012-05-AIT-ME 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 生理的指標による客観的な意外性評価手法の提案 
サブタイトル(和) 気づきを与える情報配信サービスに向けて 
タイトル(英) Proposal for objective serendipity evaluation by the physiological index 
サブタイトル(英) To make awareness for information dissemination's service 
キーワード(1)(和/英) 脳血流 / Cerebral Blood Flow  
キーワード(2)(和/英) NIRS / NIRS  
キーワード(3)(和/英) 意外性 / Serendipity  
キーワード(4)(和/英) 生理指標 / Physiological Index  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 大竹 航平 / Kouhei Otake / オオタケ コウヘイ
第1著者 所属(和/英) 中央大学大学院 (略称: 中大)
Chuo University Graduate School (略称: Chuo Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 加藤 俊一 / Toshikazu Kato / カトウ トシカズ
第2著者 所属(和/英) 中央大学大学院 (略称: 中大)
Chuo University Graduate School (略称: Chuo Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2012-05-23 15:35:00 
発表時間 25 
申込先研究会 ME 
資料番号 ITE-ME2012-78,ITE-AIT2012-99 
巻番号(vol) ITE-36 
号番号(no) no.19 
ページ範囲 pp.31-34 
ページ数 ITE-4 
発行日 ITE-ME-2012-05-16,ITE-AIT-2012-05-16 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[映像情報メディア学会ホームページ]


ITE / 映像情報メディア学会