お知らせ ◆映像情報メディア学会における研究会の開催について (新型コロナウイルス関連)2021年7月21日更新
映像情報メディア学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2012-10-19 10:55
移動中継用FPUの周波数移行に向けたSARの検討
小郷直人池田哲臣NHK
抄録 (和) 移動中継用の700MHz帯FPUはマラソンや駅伝の中継で映像,音声を伝送するために用いられているが,総務省の周波数再編アクションプランにより1.2GHz帯,2.3GHz帯へ周波数を移行することが検討されている.移行先の周波数は現行の周波数より高くなるため,その伝搬損失を補償するために送信出力を大きくすることを検討している.そのため,送信アンテナの近傍で作業するスタッフへの電磁波曝露の影響が懸念されるが,FPUに関する電磁波曝露の影響の検討例はほとんどない.今回,送信アンテナ近傍で作業するスタッフを対象に700MHz帯,1.2GHz帯,2.3GHz帯FPUの運用を考慮して送信アンテナをモデル化し,数値人体モデルを用いて電磁界解析することで人体の比吸収率を解析した. その結果,ビームを絞って高利得化する場合は無指向性の場合と比較して比吸収率が最大で約2倍大きくなることがわかった. 
(英) During live outside broadcasting (OB) of road races, such as marathons and ekiden, video images are taken using cameras on moving OB vans and the signals of the video images are transmitted by FPU in 700 MHz band. The frequency band for the FPU is planned to migrate to 1.2 and 2.3GHz bands by the action plan for radio spectrum reallocation developed by the ministry of internal affairs and communications. After the frequency migration of FPU, the transmission power will be higher than that of 700MHz band; however, few studies have been performed concerning the SAR on the human body due to the FPU considering the frequency migration. In this report, we designed a transmission antenna and calculated SAR with a numerical model of the human body. From the results, we found that the peak of 10g average SAR on human body with the case of narrow-directional antenna increases twice larger than that with the case of omni-directional antenna.
キーワード (和) FPU(Field Pick-up Unit) / 比吸収率(SAR) / 数値人体モデル / 700MHz帯 / 1.2GHz帯 / 2.3GHz帯 / コーリニアアンテナ / 周波数移行  
(英) FPU(Field Pick-up Unit) / Specific Absorption Rate(SAR) / Numerical Human-Body Model / 700MHz Band / 1.2GHz Band / 2.3GHz Band / Collinear Antenna / Frequency Migration  
文献情報 映情学技報, vol. 36, no. 42, BCT2012-94, pp. 37-40, 2012年10月.
資料番号 BCT2012-94 
発行日 2012-10-11 (BCT) 
ISSN Print edition: ISSN 1342-6893  Online edition: ISSN 2424-1970
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 BCT SHIKOKU IEEE-BT  
開催期間 2012-10-18 - 2012-10-19 
開催地(和) 高知工科大学 
開催地(英) Kochi University of Technology 
テーマ(和) 放送・通信連携および一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 BCT 
会議コード 2012-10-BCT-SHIKOKU-BT 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 移動中継用FPUの周波数移行に向けたSARの検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Analysis of SAR for Frequency Migration of FPU 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) FPU(Field Pick-up Unit) / FPU(Field Pick-up Unit)  
キーワード(2)(和/英) 比吸収率(SAR) / Specific Absorption Rate(SAR)  
キーワード(3)(和/英) 数値人体モデル / Numerical Human-Body Model  
キーワード(4)(和/英) 700MHz帯 / 700MHz Band  
キーワード(5)(和/英) 1.2GHz帯 / 1.2GHz Band  
キーワード(6)(和/英) 2.3GHz帯 / 2.3GHz Band  
キーワード(7)(和/英) コーリニアアンテナ / Collinear Antenna  
キーワード(8)(和/英) 周波数移行 / Frequency Migration  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 小郷 直人 / Naoto Kogo / コゴウ ナオト
第1著者 所属(和/英) NHK (略称: NHK)
NHK (略称: NHK)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 池田 哲臣 / Tetsuomi Ikeda / イケダ テツオミ
第2著者 所属(和/英) NHK (略称: NHK)
NHK (略称: NHK)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2012-10-19 10:55:00 
発表時間 25 
申込先研究会 BCT 
資料番号 BCT2012-94 
巻番号(vol) 36 
号番号(no) no.42 
ページ範囲 pp.37-40 
ページ数
発行日 2012-10-11 (BCT) 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[映像情報メディア学会ホームページ]


ITE / 映像情報メディア学会