お知らせ ◆映像情報メディア学会における研究会の開催について (新型コロナウイルス関連)2021年7月21日更新
映像情報メディア学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2012-12-02 12:30
[招待講演]心的空間における数の表象
田谷修一郎大正大)・妹尾武治九大)・Achille PasqualottoQMU)・Michael ProulxU of Bath)・須長正治伊藤裕之九大
抄録 (和) 数の心的イメージは左から右に向かって値が大きくなる数列として我々の心的空間内にマッピングされており,これを心的数直線と呼ぶ。この報告では筆者のグループが最近行った心的数直線に関する2つの研究結果を紹介する。まず,心的空間内の奥行き次元では,前から後ろに向かって値が大きくなるように数値がマッピングされていることを示す,ベクション(視覚刺激によって誘導される錯覚的自己移動感覚)を利用した研究について報告する。続いて,心的数直線が生得的なものではなく経験に基づいて形成されるものであることを示す,先天盲者と晴眼者の比較研究の結果を報告する。 
(英) Numbers are represented as increasing from left to right in our mental space (mental number line). Here we report two studies which investigated the number-line representation in our mental space. In the first study, we tested how numbers are represented in the depth dimension with using forward/backward vection (illusory self-motion sensation). The results suggest that numbers were represented as they increase from front to back. In the second study, by asking congenital blinds the random number generation task, we examined whether the mental number line is inherently incorporated in our cognitive system. The results suggest that the mental number line was developed via past visual experience.
キーワード (和) 数の認知 / 心的数直線 / 乱数生成課題 / 先天盲 / ベクション / / /  
(英) Numerical Cognition / Mental Number Line / Random Number Generation / Congenital Blind / Vection / / /  
文献情報 映情学技報, vol. 36, no. 52, HI2012-78, pp. 1-4, 2012年12月.
資料番号 HI2012-78 
発行日 2012-11-25 (HI) 
ISSN Print edition: ISSN 1342-6893  Online edition: ISSN 2424-1970
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 HI  
開催期間 2012-12-02 - 2012-12-02 
開催地(和) (株)沖縄産業振興センター 
開催地(英) Okinawa Industry Support Center 
テーマ(和) ヒューマンインフォメーション,一般 
テーマ(英) Human information, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 HI 
会議コード 2012-12-HI 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 心的空間における数の表象 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Numbers in our mental space 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 数の認知 / Numerical Cognition  
キーワード(2)(和/英) 心的数直線 / Mental Number Line  
キーワード(3)(和/英) 乱数生成課題 / Random Number Generation  
キーワード(4)(和/英) 先天盲 / Congenital Blind  
キーワード(5)(和/英) ベクション / Vection  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 田谷 修一郎 / Shuichiro Taya / タヤ シュウイチロウ
第1著者 所属(和/英) 大正大学 (略称: 大正大)
Taisho University (略称: Taisho Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 妹尾 武治 / Takeharu Seno / セノオ タケハル
第2著者 所属(和/英) 九州大学 (略称: 九大)
Kyushu University (略称: Kyushu Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) Achille Pasqualotto / Achille Pasqualotto / アキーラ パスカロット
第3著者 所属(和/英) ロンドン大学クイーンメアリー校 (略称: QMU)
Queen Mary, University of London (略称: QMU)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) Michael Proulx / Michael Proulx / マイケル プロー
第4著者 所属(和/英) バース大学 (略称: U of Bath)
University of Bath (略称: U of Bath)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 須長 正治 / Shoji Sunaga / スナガ ショウジ
第5著者 所属(和/英) 九州大学 (略称: 九大)
Kyushu University (略称: Kyushu Univ.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 伊藤 裕之 / Hiroyuki Ito / イトウ ヒロユキ
第6著者 所属(和/英) 九州大学 (略称: 九大)
Kyushu University (略称: Kyushu Univ.)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2012-12-02 12:30:00 
発表時間 45 
申込先研究会 HI 
資料番号 ITE-HI2012-78 
巻番号(vol) ITE-36 
号番号(no) no.52 
ページ範囲 pp.1-4 
ページ数 ITE-4 
発行日 ITE-HI-2012-11-25 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[映像情報メディア学会ホームページ]


ITE / 映像情報メディア学会