お知らせ ◆映像情報メディア学会における研究会の開催について (新型コロナウイルス関連)2021年7月21日更新
映像情報メディア学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2012-12-02 15:05
[招待講演]二種類のオプティカルフローによるベクションの決定特性
川島祐貴福田一帆内川惠二東工大
抄録 (和) 本研究では速度の異なる二種類のオプティカルフローを同一空間内で重ねて呈示するときに生起するベクションの速さを調べた.二つのオプティカルフローの速度差が小さいとき,ベクションの速さは二つのオプティカルフローの空間分布密度比に応じて線形に増加した.一方,オプティカルフローの速度差が大きいとき,ベクションの速さは遅いオプティカルフローの寄与が大きくなる特性を示した.このようなベクションの速さの特性を,オプティカルフローの空間分布密度比に対する足し合わせモデルによって表すことができる.また,この二つのオプティカルフローにより生起するベクションの速さの特性は,我々が以前に行ったベクション誘導刺激による自動車運転者の速度感覚の変化と一致する. 
(英) We investigated the characteristic of speed of vection occurred from two optical flows that were overlapped in the same space at different speed. When the speed difference between two optical flows was small, the speed of vection linearly increased with the ratio of the spatial distribution densities of two optical flows. On the other hand, when the speed difference between two optical flows was large, the slower optical flow had greater contributions to the speed of vection. This characteristic can be predicted by a model that sum up speeds of two optical flows weighted by the ratio of the spatial distribution densities of two optical flows. In addition, this characteristics of the speed of vection agree with the result of our previous research which investigate the effect of vection inducing stimuli on the change in driver’s speed sensation.
キーワード (和) ベクション / 速度感覚 / 自己運動 / オプティカルフロー / / / /  
(英) Vection / Speed sensation / Self-motion / Optical flow / / / /  
文献情報 映情学技報, vol. 36, no. 52, HI2012-82, pp. 17-23, 2012年12月.
資料番号 HI2012-82 
発行日 2012-11-25 (HI) 
ISSN Print edition: ISSN 1342-6893  Online edition: ISSN 2424-1970
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 HI  
開催期間 2012-12-02 - 2012-12-02 
開催地(和) (株)沖縄産業振興センター 
開催地(英) Okinawa Industry Support Center 
テーマ(和) ヒューマンインフォメーション,一般 
テーマ(英) Human information, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 HI 
会議コード 2012-12-HI 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 二種類のオプティカルフローによるベクションの決定特性 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Determination characteristics for vection yielded by two optical flows 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) ベクション / Vection  
キーワード(2)(和/英) 速度感覚 / Speed sensation  
キーワード(3)(和/英) 自己運動 / Self-motion  
キーワード(4)(和/英) オプティカルフロー / Optical flow  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 川島 祐貴 / Yuki Kawashima / カワシマ ユウキ
第1著者 所属(和/英) 東京工業大学 (略称: 東工大)
Tokyo Institute of Technology (略称: Tokyo Tech)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 福田 一帆 / Kazuho Fukuda / フクダ カズホ
第2著者 所属(和/英) 東京工業大学 (略称: 東工大)
Tokyo Institute of Technology (略称: Tokyo Tech)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 内川 惠二 / Keiji Uchikawa / ウチカワ ケイジ
第3著者 所属(和/英) 東京工業大学 (略称: 東工大)
Tokyo Institute of Technology (略称: Tokyo Tech)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2012-12-02 15:05:00 
発表時間 45 
申込先研究会 HI 
資料番号 ITE-HI2012-82 
巻番号(vol) ITE-36 
号番号(no) no.52 
ページ範囲 pp.17-23 
ページ数 ITE-7 
発行日 ITE-HI-2012-11-25 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[映像情報メディア学会ホームページ]


ITE / 映像情報メディア学会