お知らせ ◆映像情報メディア学会における研究会の開催について (新型コロナウイルス関連)2021年7月21日更新
映像情報メディア学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2013-01-30 10:50
不均質伝搬環境での基地局最適配置に関する考察
李 峻赫内田一徳福岡工大
抄録 (和) 本論文では、センサノードや基地局等の最適配置のためのアルゴリズムを提案する。まず、振幅補正因子αと伝搬特性のオーダβを導入した1波及び2波モデルに基づいて、大都市や山林、砂漠など、複雑伝搬環境下の伝搬特性を近似的に表現する電界表現式を用いて、通信距離の推定式を導く。また、この推定式に基づき,基地局最適配置のための通信距離関数を定義し、その通信距離関数を用いてコスト関数を決める。次に、定義したコスト関数を利用してPSO法に基づく数値計算によって,基地局配置の最適化を行う。最後に、仮想的な通信距離関数を与え、3角形セルを基本とする基地局配置の数値例を示す。 
(英) In this paper, we propose an algorithm for allocation of sensor nodes and base stations in inhomogeneous propagation environments. First, we review 1-ray and 2-ray models with amplitude modification factor α and propagation order of distance β. Second, we introduce an equation to compute communication distance. Third, we propose a communication distance function to allocate base stations optimally based on PSO. In numerical examples, we show an adaptive algorithm for generating inhomogeneous triangular cells to achieve optimal allocations of base stations.
キーワード (和) PSO / 1 波モデル / 2 波モデル / コスト関数 / 通信距離関数 / / /  
(英) 1-ray / 2-ray / Triangular Cell / PSO / Communication Distance / / /  
文献情報 映情学技報, vol. 37, no. 4, BCT2013-6, pp. 21-24, 2013年1月.
資料番号 BCT2013-6 
発行日 2013-01-23 (BCT) 
ISSN Print edition: ISSN 1342-6893  Online edition: ISSN 2424-1970
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 BCT KYUSHU IEEE-BT IEEE-AP-S-FUKUOKA  
開催期間 2013-01-30 - 2013-01-31 
開催地(和) 熊本大学 
開催地(英) Kumamoto Univ. 
テーマ(和) 学生・若手および一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 BCT 
会議コード 2013-01-BCT-KYUSHU-BT-AP-S-FUKUOKA 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 不均質伝搬環境での基地局最適配置に関する考察 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Study on Allocation of Base Stations in Inhomogeneous Propagation Environments 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) PSO / 1-ray  
キーワード(2)(和/英) 1 波モデル / 2-ray  
キーワード(3)(和/英) 2 波モデル / Triangular Cell  
キーワード(4)(和/英) コスト関数 / PSO  
キーワード(5)(和/英) 通信距離関数 / Communication Distance  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 李 峻赫 / Jun-Hyuck Lee / リ ジュンヒョク
第1著者 所属(和/英) 福岡工業大学 (略称: 福岡工大)
Fukuoka Institute of Technology (略称: FIT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 内田 一徳 / Kazunori Uchida / ウチダ カズノリ
第2著者 所属(和/英) 福岡工業大学 (略称: 福岡工大)
Fukuoka Institute of Technology (略称: FIT)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2013-01-30 10:50:00 
発表時間 20 
申込先研究会 BCT 
資料番号 ITE-BCT2013-6 
巻番号(vol) ITE-37 
号番号(no) no.4 
ページ範囲 pp.21-24 
ページ数 ITE-4 
発行日 ITE-BCT-2013-01-23 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[映像情報メディア学会ホームページ]


ITE / 映像情報メディア学会