お知らせ ◆映像情報メディア学会における研究会の開催について (新型コロナウイルス関連)2021年7月21日更新
映像情報メディア学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2013-01-30 09:40
漫然運転防止のための深度カメラを用いた顔特徴点の検出
内田奈穂子胡 振程吉富 仁熊本大)・董 延超同済大
抄録 (和) 近年,自動車保有台数の増加に伴い,交通事故・渋滞・環境汚染等の道路交通問題が深刻化している.特に交通事故は,ドライバーの脇見や疲労,居眠り等の漫然運転が大きな原因となっている.本研究はこのようなドライバーの漫然運転を防止するために,ドライバーの顔特徴点の動きから漫然運転を判断して警告するシステムを目指す.従来の顔特徴点検出にはRGB画像が用いられることが多いが,RGB画像は環境光の影響が大きく,環境光の変化が大きい車内では安定した特徴点の検出が難しい.本稿では照明の変化に影響されない距離データを用いた顔領域および鼻領域の検出を行う. 
(英) The traffic accident occurs due to aimless driving such as the driver's looking aside, fatigue, and a nap. In this research, we aim at development a system that can judge the aimless driving by driver's facial feature point. Usually RGB images are used for facial feature point's detection. But they are influenced by environment light, so in the car with a large change of environment light, the detection of the stable facial feature point is difficult. In this paper, we use depth information that is not influenced by changing light for facial and nose region detection.
キーワード (和) ドライバーモニタリングシステム / キネクト / 深度データ / 顔特徴点 / 鼻領域 / / /  
(英) driver monitoring system / kinect / depth data / facial feature point / nose region / / /  
文献情報 映情学技報, vol. 37, no. 4, BCT2013-3, pp. 9-12, 2013年1月.
資料番号 BCT2013-3 
発行日 2013-01-23 (BCT) 
ISSN Print edition: ISSN 1342-6893  Online edition: ISSN 2424-1970
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 BCT KYUSHU IEEE-BT IEEE-AP-S-FUKUOKA  
開催期間 2013-01-30 - 2013-01-31 
開催地(和) 熊本大学 
開催地(英) Kumamoto Univ. 
テーマ(和) 学生・若手および一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 BCT 
会議コード 2013-01-BCT-KYUSHU-BT-AP-S-FUKUOKA 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 漫然運転防止のための深度カメラを用いた顔特徴点の検出 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Facial Feature Points Extraction for Driver Monitoring System with Depth Camera 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) ドライバーモニタリングシステム / driver monitoring system  
キーワード(2)(和/英) キネクト / kinect  
キーワード(3)(和/英) 深度データ / depth data  
キーワード(4)(和/英) 顔特徴点 / facial feature point  
キーワード(5)(和/英) 鼻領域 / nose region  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 内田 奈穂子 / Naoko Uchida / ウチダ ナオコ
第1著者 所属(和/英) 熊本大学 (略称: 熊本大)
Kumamoto University (略称: Kumamoto Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 胡 振程 / Zhencheng Hu /
第2著者 所属(和/英) 熊本大学大学院 (略称: 熊本大)
Kumamoto University (略称: Kumamoto Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 吉富 仁 / Hitoshi Yoshitomi / ヨシトミ ヒトシ
第3著者 所属(和/英) 熊本大学大学院 (略称: 熊本大)
Kumamoto University (略称: Kumamoto Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 董 延超 / Yanchao Dong /
第4著者 所属(和/英) 中国同済大学 (略称: 同済大)
Tongji University (略称: Tongji Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2013-01-30 09:40:00 
発表時間 20 
申込先研究会 BCT 
資料番号 ITE-BCT2013-3 
巻番号(vol) ITE-37 
号番号(no) no.4 
ページ範囲 pp.9-12 
ページ数 ITE-4 
発行日 ITE-BCT-2013-01-23 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[映像情報メディア学会ホームページ]


ITE / 映像情報メディア学会