お知らせ ◆映像情報メディア学会における研究会の開催について (新型コロナウイルス関連)2021年7月21日更新
映像情報メディア学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2013-01-31 09:20
右手系/左手系複合線路を用いた円偏波漏れ波アンテナの放射効率向上
石井将彦福迫 武熊本大
抄録 (和) 本研究では右手系/左手系複合線路(CRLH-TL)を用いた円偏波漏れ波アンテナ(CP LWA)の放射効率向上を実現した.以前の研究においてCP LWAはユニットセルの寸法を調節することによる位相差制御,CRLH-TLを移動し,グラウンドの両側のエッジからの距離を調節することにより得られる振幅制御により実現された.さらに今回はユニットセルの数を13個に増やした場合でも,同様にこの方法は適応でき,実験において円偏波特性を維持したまま2.68GHzから2.9GHzの使用周波数帯において約52%の放射効率が得られた.ユニットセルの数が8個の場合に比べ放射効率は約16%向上した. 
(英) This study presents a radiation efficiency enhancement on circularly polarized leaky wave antenna (CP LWA) using composite right/left handed transmission line (CRLH-TL). In my previous research, the CP LWA was achieved because of the better phase difference and amplitude ratio. The 90° -phase difference can be obtained by optimizing the dimension of the unit cell. And the amplitude ratio of |Ex| and |Ey| for CP was obtained by selecting a suitable position of the CRLH-TL between both edges of the ground. In this study, the radiation efficiency is enhanced by increasing the number of the unit cell, maintaining the circular polarization characteristics by applying the same method as previous research. As a result, the radiation efficiency of 52% is obtained on the operation frequency band which is from 2.68 to 2.9 GHz by the experiment.
キーワード (和) 漏れ波アンテナ / CRLH伝送線路 / 円偏波 / 軸比 / 放射効率 / / /  
(英) Leaky Wave Antenna / CRLH-TL / Circular Polarization / Axial Ratio / Radiation Efficiency / / /  
文献情報 映情学技報, vol. 37, no. 4, BCT2013-22, pp. 87-90, 2013年1月.
資料番号 BCT2013-22 
発行日 2013-01-23 (BCT) 
ISSN Print edition: ISSN 1342-6893  Online edition: ISSN 2424-1970
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 BCT KYUSHU IEEE-BT IEEE-AP-S-FUKUOKA  
開催期間 2013-01-30 - 2013-01-31 
開催地(和) 熊本大学 
開催地(英) Kumamoto Univ. 
テーマ(和) 学生・若手および一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 BCT 
会議コード 2013-01-BCT-KYUSHU-BT-AP-S-FUKUOKA 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 右手系/左手系複合線路を用いた円偏波漏れ波アンテナの放射効率向上 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Radiation Efficiency Enhancement on Circularly Polarized Leaky Wave Antenna using Composite Right/Left-Handed Transmission Line 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 漏れ波アンテナ / Leaky Wave Antenna  
キーワード(2)(和/英) CRLH伝送線路 / CRLH-TL  
キーワード(3)(和/英) 円偏波 / Circular Polarization  
キーワード(4)(和/英) 軸比 / Axial Ratio  
キーワード(5)(和/英) 放射効率 / Radiation Efficiency  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 石井 将彦 / Masahiko Ishii / イシイ マサヒコ
第1著者 所属(和/英) 熊本大学 (略称: 熊本大)
Kumamoto University (略称: Kumamoto Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 福迫 武 / Takeshi Fukusako / フクサコ タケシ
第2著者 所属(和/英) 熊本大学 (略称: 熊本大)
Kumamoto University (略称: Kumamoto Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2013-01-31 09:20:00 
発表時間 20 
申込先研究会 BCT 
資料番号 ITE-BCT2013-22 
巻番号(vol) ITE-37 
号番号(no) no.4 
ページ範囲 pp.87-90 
ページ数 ITE-4 
発行日 ITE-BCT-2013-01-23 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[映像情報メディア学会ホームページ]


ITE / 映像情報メディア学会