お知らせ ◆映像情報メディア学会における研究会の開催について (新型コロナウイルス関連)2021年7月21日更新
映像情報メディア学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2013-02-16 15:15
方向性不変な特徴量を用いた人物行動の自動認識
石井健幸村上仁己小池 淳成蹊大
抄録 (和) 本論文では、立体高次自己相関特徴(CHLAC)を用いた人物動作判別において、人物の方向変化に頑健な特徴量処理の手法を提案する。CHLAC特徴量を用いた人物動作認識は高い判別精度を示すが、人物の移動方向の変化が大きいシーンの場合、ベクトルの向きが大きく変化するため、人物動作の判別が難しい場合がある。そのため相関性に基づくマスクパターンの抽出及び画像の拡大率に基づくベクトルの大きさの平均化処理を行い、人物が複雑に移動するシーンにおいても、その行動パターンを正確に判別する手法を提案する。 
(英) In this paper, we propose a new method of feature homogenization to prevent changes in the features according to human subtle direction change, in the detection of the human behavior of CHLAC. The conventional human behavior detection using CHLAC, it shows a high performance, but the situation that moving greatly changes the direction of the vector, abnormal operation normal operation and different operation if it is difficult to determine. We propose a method in addition to improved processing mask pattern based on the correlation and vector averaging process based on an amplification to suppress the change in the amount of features according to the direction of movement of the person. This provides a robust human motion specific person to change direction.
キーワード (和) パターン認識 / 人物動作 / 異常検出 / 立体高次自己相関特徴(CHLAC) / / / /  
(英) pattern reorganization / Human Behavior / Abnormal Detection / CHLAC(Cubic Higher order local auto correlation) / / / /  
文献情報 映情学技報, vol. 37, no. 7, ME2013-22, pp. 83-86, 2013年2月.
資料番号 ME2013-22 
発行日 2013-02-09 (ME) 
ISSN Print edition: ISSN 1342-6893  Online edition: ISSN 2424-1970
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 ME  
開催期間 2013-02-16 - 2013-02-16 
開催地(和) 関東学院大関内メディアセンタ 
開催地(英) Kanto Gakuin Univ. 
テーマ(和) 学生研究発表会 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 ME 
会議コード 2013-02-ME 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 方向性不変な特徴量を用いた人物行動の自動認識 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Automatic recognition of the human behavior with the direction invariant features 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) パターン認識 / pattern reorganization  
キーワード(2)(和/英) 人物動作 / Human Behavior  
キーワード(3)(和/英) 異常検出 / Abnormal Detection  
キーワード(4)(和/英) 立体高次自己相関特徴(CHLAC) / CHLAC(Cubic Higher order local auto correlation)  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 石井 健幸 / Takeyuki Ishii / イシイ タケユキ
第1著者 所属(和/英) 成蹊大学 (略称: 成蹊大)
Seikei University (略称: Seikei Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 村上 仁己 / Hitomi Murakami / ムラカミ ヒトミ
第2著者 所属(和/英) 成蹊大学 (略称: 成蹊大)
Seikei University (略称: Seikei Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 小池 淳 / Atsushi Koike / コイケ アツシ
第3著者 所属(和/英) 成蹊大学 (略称: 成蹊大)
Seikei University (略称: Seikei Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2013-02-16 15:15:00 
発表時間 15 
申込先研究会 ME 
資料番号 ITE-ME2013-22 
巻番号(vol) ITE-37 
号番号(no) no.7 
ページ範囲 pp.83-86 
ページ数 ITE-4 
発行日 ITE-ME-2013-02-09 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[映像情報メディア学会ホームページ]


ITE / 映像情報メディア学会