映像情報メディア学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2013-02-18 13:40
浮動小数点数表現されたHDR画像のための整数化トーンマッピング処理
室伏辰耶首都大東京)・岩橋政宏長岡技科大)・貴家仁志首都大東京
抄録 (和) 本稿では,すべての入出力が整数値となるトーンマッピング処理の新しい手順を提案する。
トーンマッピング処理では,ハイダイナミックレンジ(HDR)画像のダイナミックレンジを圧縮し,ローダイナミックレンジ(LDR)画像を生成する。
一般に,HDR画像が浮動小数点数で表現されるため,トーンマッピング処理では浮動小数点数演算を前提としている。
このため,LDR画像が整数値で表現されるにもかかわらず,トーンマッピング処理では多くのメモリコストがかかる。
提案法は,浮動小数点数を指数部と仮数部に対応する二つの整数値として扱い,トーンマッピング処理を行う。
これにより,トーンマッピング処理におけるすべての入出力を整数値によって表現し,メモリコストを軽減している。
実験では,PSNRとコントラスト評価の観点から,提案法が従来法と同等の視覚的品質を保っていることを示す。 
(英) This paper proposes a new tone mapping operation which is implemented in integer input and integer output.
A tone mapping operation (TMO) generates a low dynamic range (LDR) image from a high dynamic range (HDR) image.
Since pixel values of an HDR image are generally expressed in a floating point data format, e.g. RGBE, OpenEXR, a TMO is also implemented in floating point calculations in conventional approaches.
However, it requires huge memory cost, even though a resulting LDR image is expressed in simple integer.
We treat a floating-point number as two integer, one corresponds to the exponent part, the other corresponds to the mantissa part.
Our method performs a TMO with integer input and integer output to reduce memory cost.
In our experiment, it is confirmed with PSNR and contrast evaluations that the proposed method offers LDR images of visually high quality comparable to the conventional method.
キーワード (和) ハイダイナミックレンジ / トーンマッピング / 整数化 / 浮動小数点数 / / / /  
(英) high dynamic range / tone mapping / integer operation / floating-point / / / /  
文献情報 映情学技報
資料番号  
発行日  
ISSN Print edition: ISSN 1342-6893  Online edition: ISSN 2424-1970

研究会情報
研究会 IEICE-ITS IEICE-IE AIT HI ME  
開催期間 2013-02-18 - 2013-02-19 
開催地(和) 北海道大学 
開催地(英) Hokkaido Univ. 
テーマ(和) ITS画像処理、映像メディア、視覚および一般 
テーマ(英) ITS Image Processsing, Image Medium, Vision, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IEICE-IE 
会議コード 2013-02-ITS-IE-AIT-HI-ME 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 浮動小数点数表現されたHDR画像のための整数化トーンマッピング処理 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) AN INTEGER OPERATION OF GLOBAL TONE MAPPING FOR HDR IMAGES 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) ハイダイナミックレンジ / high dynamic range  
キーワード(2)(和/英) トーンマッピング / tone mapping  
キーワード(3)(和/英) 整数化 / integer operation  
キーワード(4)(和/英) 浮動小数点数 / floating-point  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 室伏 辰耶 / Tatsuya Murohushi / ムロフシ タツヤ
第1著者 所属(和/英) 首都大学東京 (略称: 首都大東京)
Tokyo Metropolitan University (略称: TMU)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 岩橋 政宏 / Masahiro Iwahashi / イワハシ マサヒロ
第2著者 所属(和/英) 長岡科学技術大学 (略称: 長岡技科大)
Nagaoka University of Technology (略称: NUT)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 貴家 仁志 / Hitoshi Kiya / キヤ ヒトシ
第3著者 所属(和/英) 首都大学東京 (略称: 首都大東京)
Tokyo Metropolitan University (略称: TMU)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2013-02-18 13:40:00 
発表時間 20 
申込先研究会 IEICE-IE 
資料番号  
巻番号(vol) ITE-37 
号番号(no)  
ページ範囲  
ページ数 ITE- 
発行日  


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[映像情報メディア学会ホームページ]


ITE / 映像情報メディア学会