お知らせ ◆映像情報メディア学会における研究会の開催について (新型コロナウイルス関連)2021年7月21日更新
映像情報メディア学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2013-02-20 14:05
方向適応補間を用いた任意倍率拡大処理の高速化
松本智史相良直哉杉山賢二成蹊大
抄録 (和) 画像のリサイズにおいて、著者らは方向検出オペレータを用いて方向検出を行い、任意倍率の12方向適応処理を提案した。本報告では、方向検出において全探索を行わず、ツリー構造とすることで高速化する方法を検討した。処理時間は全探索と比較し、3倍速を実現できた。画質評価実験では、原画像を3.8倍拡大した画像で主観画質の確認を行い、ダウンサンプル前の画像と比較してのPSNRも評価する。その結果、提案手法ではエッジ部においてジャギーが軽減された。また、PSNRは固定補間と同等な値となった。 
(英) In resize of a picture, we had studied the operators to detect directions and 12 directional adaptive interpolation for an arbitrary image magnification. In this report, we propose speeding up of processing. We realize high speed of about three times faster without degradation of PSNR, by using tree structure. In the experiment, we perform subjective image quality assessment of magnified images by 3.8. We also evaluate the PSNR compared to the original image. By the proposed method, jaggy is reduced at the edge. PSNR value is equal to the fixed interpolation.
キーワード (和) 方向適応 / 任意倍率 / 超解像 / 方向検出 / 高速化 / / /  
(英) Directional Adaptive / Arbitrary Image Magnification / Super-resolution / Directional Estimation / Speeding Up / / /  
文献情報 映情学技報, vol. 37, no. 9, BCT2013-41, pp. 13-16, 2013年2月.
資料番号 BCT2013-41 
発行日 2013-02-13 (BCT) 
ISSN Print edition: ISSN 1342-6893  Online edition: ISSN 2424-1970
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 BCT IEEE-BT  
開催期間 2013-02-20 - 2013-02-21 
開催地(和) かんぽの宿 那覇レクセンター 
開催地(英)  
テーマ(和) 学生・若手発表および一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 BCT 
会議コード 2013-02-BCT-BT 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 方向適応補間を用いた任意倍率拡大処理の高速化 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Speeding up of an Arbitrary Image Magnification using the Directional Adaptive Interpolation 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 方向適応 / Directional Adaptive  
キーワード(2)(和/英) 任意倍率 / Arbitrary Image Magnification  
キーワード(3)(和/英) 超解像 / Super-resolution  
キーワード(4)(和/英) 方向検出 / Directional Estimation  
キーワード(5)(和/英) 高速化 / Speeding Up  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 松本 智史 / Satoshi Matsumoto / マツモト サトシ
第1著者 所属(和/英) 成蹊大学 (略称: 成蹊大)
Seikei University (略称: Seikei Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 相良 直哉 / Naoya Sagara / サガラ ナオヤ
第2著者 所属(和/英) 成蹊大学 (略称: 成蹊大)
Seikei University (略称: Seikei Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 杉山 賢二 / Kenji Sugiyama / スギヤマ ケンジ
第3著者 所属(和/英) 成蹊大学 (略称: 成蹊大)
Seikei University (略称: Seikei Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2013-02-20 14:05:00 
発表時間 20 
申込先研究会 BCT 
資料番号 ITE-BCT2013-41 
巻番号(vol) ITE-37 
号番号(no) no.9 
ページ範囲 pp.13-16 
ページ数 ITE-4 
発行日 ITE-BCT-2013-02-13 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[映像情報メディア学会ホームページ]


ITE / 映像情報メディア学会