お知らせ ◆映像情報メディア学会における研究会の開催について (新型コロナウイルス関連)2021年7月21日更新
映像情報メディア学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2013-03-05 15:25
立体映像視聴時の視覚疲労における能動性と頭部運動の影響
横井健司松下恭昌防衛大
抄録 (和) 立体映像視聴時の視覚疲労に関しては様々な研究が行われているが、映画のように受動的に視聴する条件が多く、ゲームのように能動的に視聴する場合の影響についてはよく分かっていない。そこで本研究では、能動的にゲームをプレイした場合と受動的にプレイ中の映像を視聴した場合で、2Dと3D時の視覚疲労を比較した。また、一般的な立体映像の問題として、頭部を動かしても運動視差が生じず形状や奥行きの歪みとして知覚されてしまう点がある。このことが頭部運動に影響し疲労の要因となっている可能性も考えられるため、視聴時の頭部運動についても計測を行った。実験の結果、能動的に視聴した際は受動的視聴時よりも視覚疲労が少なくなる傾向が示された。頭部運動に関しては、3D視聴時に横方向の頭部運動が増加する等の変化が見られ、視覚疲労との間に関連性があることが明らかとなった。 
(英) Although many studies on stereoscopic visual fatigue dedicated solely to a passively viewing condition such as watching movies, the influence of activeness (e.g., game-playing) on the fatigue is unclear. In this study, we compared the fatigue caused by active game-playing and passive game-watching under both 2D and 3D conditions. In addition, general 3D displays cannot reproduce motion parallax with head motion. It may be an unremarked cause of the fatigue. To clarify this possibility, head motion during the experiment was also recorded. We found that actively viewing reduced stereoscopic visual fatigue and head motion differed qualitatively according to viewing conditions. These results suggest strong connection between head motion and visual fatigue.
キーワード (和) 立体映像 / 視覚疲労 / 能動性 / 頭部運動 / / / /  
(英) 3D Display / Visual Fatigue / Activeness / Head Motion / / / /  
文献情報 映情学技報, vol. 37, no. 12, HI2013-45, pp. 17-20, 2013年3月.
資料番号 HI2013-45 
発行日 2013-02-26 (HI, 3DIT) 
ISSN Print edition: ISSN 1342-6893  Online edition: ISSN 2424-1970
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 HI 3DIT  
開催期間 2013-03-05 - 2013-03-06 
開催地(和) 東京農工大学 小金井キャンパス 
開催地(英) Tokyo University of Agriculture and Technology 
テーマ(和) 視聴覚技術,ヒューマンインタフェースおよび一般(立体映像技術研究会共催) 
テーマ(英) Audio-Visual Technology, Human Interface, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 HI 
会議コード 2013-03-HI-3DIT 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 立体映像視聴時の視覚疲労における能動性と頭部運動の影響 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Influence of Activeness and Head Motion on Stereoscopic Visual Fatigue 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 立体映像 / 3D Display  
キーワード(2)(和/英) 視覚疲労 / Visual Fatigue  
キーワード(3)(和/英) 能動性 / Activeness  
キーワード(4)(和/英) 頭部運動 / Head Motion  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 横井 健司 / Kenji Yokoi / ヨコイ ケンジ
第1著者 所属(和/英) 防衛大学校 (略称: 防衛大)
National Defense Academy (略称: NDA)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 松下 恭昌 / Kyosuke Matsushita / マツシタ キョウスケ
第2著者 所属(和/英) 防衛大学校 (略称: 防衛大)
National Defense Academy (略称: NDA)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2013-03-05 15:25:00 
発表時間 25 
申込先研究会 HI 
資料番号 ITE-HI2013-45,ITE-3DIT2013-13 
巻番号(vol) ITE-37 
号番号(no) no.12 
ページ範囲 pp.17-20 
ページ数 ITE-4 
発行日 ITE-HI-2013-02-26,ITE-3DIT-2013-02-26 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[映像情報メディア学会ホームページ]


ITE / 映像情報メディア学会