映像情報メディア学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2013-03-06 10:55
注視履歴を考慮した視線移動予測モデル
山嵜麿与小濱 剛近畿大
抄録 (和) 近年,Web などに代表されるメディアにおいて,ユーザーインターフェースの使いやすさやデザインの評価指標としてユー ザーの視線が注目を集めている.視線分布を予測する代表的なモデルとして,Itti らの顕著性マップモデルがあるが,注視履歴が考慮 されていないために,視線移動の時間的推移を再現することができない.本研究では,時間的推移を含めた視線移動の予測を目的とし, 注視履歴を条件付き確率を用いて再現することで,注視位置の履歴を考慮した視線移動の予測を試みた.提案手法によるシミュレー ション実験を行い,従来手法との到達効率の比較実験を行った.結果, Winner-Take-All の影響による巡回に陥ることなく視線移動 を行うことが可能となり,注視履歴を考慮することによって到達率・平均ステップ数の向上が確認された.さらに,注視履歴が視線移 動に及ぼす影響の評価手法として,平均拡散度,平均類似度を定義した,これらの指標により,シミュレーション実験結果を評価した ところ,注視履歴が視線移動に及ぼす影響の再現性についての数値化の可能性が示され,指標の有用性が示唆された. 
(英) In late years, the distribution of gaze on the media, such as Web contents, are applied to evaluate the attractiveness of users attention. Mathematical models which computes the most likely target location based on the saliency maps is frequently used to predict gaze shifts in the visual scenery. However, these models can not reproduce temporal transition of gaze positions; the history of scanned regions. The purpose of this study is to predict the gaze shifts with temporal transition in the visual search tasks. Our model reproduces gaze shifts for searching targets by using conditional probability considering scanned logs of gaze positions. The probability map is calculated from the saliency distribution. To test the performances of our model, we compared the efficiency of target detection between our model and Itti & Koch’s original model in some visual search simulations. The results show that the proposed model can shift gaze positions without applying a winner-take-all process which is needed for the original model to select gaze targets. Moreover, the proposed model improves the accuracy of target detection rate, and also it can detect targets in the fewer steps than the original model. We computed the averaged diffusivity and similarity for the use of the indexes to evaluate the scan path profile of simulated gazed positions. These indexes indicate that the gaze distributions produced by the proposed model contain the temporal transition of scanned logs of the gazed positions.
キーワード (和) 視覚的注意 / 顕著性 / 視覚探索 / 視覚的文脈 / / / /  
(英) Visual attention / Saliency / Visual search / Visual context / / / /  
文献情報 映情学技報, vol. 37, no. 12, HI2013-49, pp. 31-34, 2013年3月.
資料番号 HI2013-49 
発行日 2013-02-26 (HI, 3DIT) 
ISSN Print edition: ISSN 1342-6893  Online edition: ISSN 2424-1970
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 HI 3DMT  
開催期間 2013-03-05 - 2013-03-06 
開催地(和) 東京農工大学 小金井キャンパス 
開催地(英) Tokyo University of Agriculture and Technology 
テーマ(和) 視聴覚技術,ヒューマンインタフェースおよび一般(立体映像技術研究会共催) 
テーマ(英) Audio-Visual Technology, Human Interface, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 HI 
会議コード 2013-03-HI-3DIT 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 注視履歴を考慮した視線移動予測モデル 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A model for predicting gaze shifts considering scanned log of gazed positions 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 視覚的注意 / Visual attention  
キーワード(2)(和/英) 顕著性 / Saliency  
キーワード(3)(和/英) 視覚探索 / Visual search  
キーワード(4)(和/英) 視覚的文脈 / Visual context  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 山嵜 麿与 / Mayo Yamasaki / ヤマサキ マヨ
第1著者 所属(和/英) 近畿大学 (略称: 近畿大)
Kinki University (略称: Kinki Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 小濱 剛 / Takeshi Kohama / コハマ タケシ
第2著者 所属(和/英) 近畿大学 (略称: 近畿大)
Kinki University (略称: Kinki Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2013-03-06 10:55:00 
発表時間 25 
申込先研究会 HI 
資料番号 ITE-HI2013-49,ITE-3DIT2013-17 
巻番号(vol) ITE-37 
号番号(no) no.12 
ページ範囲 pp.31-34 
ページ数 ITE-4 
発行日 ITE-HI-2013-02-26,ITE-3DIT-2013-02-26 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[映像情報メディア学会ホームページ]


ITE / 映像情報メディア学会