お知らせ ◆映像情報メディア学会における研究会の開催について (新型コロナウイルス関連)2021年7月21日更新
映像情報メディア学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2013-03-06 11:20
異なる視覚属性に対する注意の時空間応答特性を考慮した視覚探索モデル
矢野勝也小濱 剛近畿大
抄録 (和) 視線移動予測を行う代表的なモデルとしてItti\&Kochの顕著性マップモデルがある(Itti \& Koch, 2000).これは,初期視覚系の生理学的知見に基づき,色や傾きといった基本的な視覚属性の顕著性,すなわち目立ちやすさの分布を計算し,これに基づいて視線の移動先を予測するモデルである.顕著性マップ理論を用いて視線移動予測を行う際,算出された顕著性マップの勾配に基づいて決定論的に視線の移動先が定められるために,脈絡のある自然な視線移動の軌跡から乖離する.そこで本研究では,より実際的な視線移動を再現する数学的モデルの確立を目的として,視覚属性に対する注意の時空間応答特性や,網膜の錐体密度に由来するV1における皮質拡大を考慮して顕著性マップの拡張を行った.提案モデルの検証として,種々の探索課題におけるシミュレーションを行ない,探索効率と視線移動の軌跡の再現性を評価した結果,従来モデルよりも探索精度が向上することが明らかとなり,また視線移動の軌跡が脈絡を持ったものとなることが示された. 
(英) Previous saliency-based visual attention models dealt with the mechanism underlying attentional shifts in the early visual system. Such models can predict the distribution of gaze movements on the basis of saliency maps (Itti \& Koch, 2000). Saliency maps are calculated by weighting to the distribution of color and the orientation of input images. Since predicted gaze positions using the previous saliency map models are deterministically selected by tracing the peaks of saliency distribution, the simulated trajectories of gaze positions show non-contextual and unnatural patterns. In this study, we purposed a mathematical model to reproduce more realistic gaze distributions. We have carried out an extension of the saliency map taking into account the spatio-temporal characteristics of attention for the visual attributes, and also image projection from retina to V1; cortical magnification factor. To evaluate the performance of our model, we conducted visual search task simulations. The results indicate that the target detection rate of our model are higher than that of Itti \& Koch's model and simulated gaze distributions show contextual patterns while searching for the target.
キーワード (和) 顕著性マップ / 視覚探索 / 視覚的注意 / 視覚属性 / 時空間応答 / / /  
(英) Saliency map / Visual search / Visual attention / Visual attributes / Spatio-temporal property / / /  
文献情報 映情学技報, vol. 37, no. 12, HI2013-50, pp. 35-38, 2013年3月.
資料番号 HI2013-50 
発行日 2013-02-26 (HI, 3DIT) 
ISSN Print edition: ISSN 1342-6893  Online edition: ISSN 2424-1970
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 HI 3DMT  
開催期間 2013-03-05 - 2013-03-06 
開催地(和) 東京農工大学 小金井キャンパス 
開催地(英) Tokyo University of Agriculture and Technology 
テーマ(和) 視聴覚技術,ヒューマンインタフェースおよび一般(立体映像技術研究会共催) 
テーマ(英) Audio-Visual Technology, Human Interface, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 HI 
会議コード 2013-03-HI-3DIT 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 異なる視覚属性に対する注意の時空間応答特性を考慮した視覚探索モデル 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A visual search model based on the spatio-temporal properties of visual attention in different feature domains. 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 顕著性マップ / Saliency map  
キーワード(2)(和/英) 視覚探索 / Visual search  
キーワード(3)(和/英) 視覚的注意 / Visual attention  
キーワード(4)(和/英) 視覚属性 / Visual attributes  
キーワード(5)(和/英) 時空間応答 / Spatio-temporal property  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 矢野 勝也 / Katsuya Yano / ヤノ カツヤ
第1著者 所属(和/英) 近畿大学大学院 (略称: 近畿大)
Kinki University (略称: Kinki Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 小濱 剛 / Takeshi Kohama / コハマ タケシ
第2著者 所属(和/英) 近畿大学 (略称: 近畿大)
Kinki University (略称: Kinki Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2013-03-06 11:20:00 
発表時間 25 
申込先研究会 HI 
資料番号 HI2013-50, 3DIT2013-18 
巻番号(vol) 37 
号番号(no) no.12 
ページ範囲 pp.35-38 
ページ数
発行日 2013-02-26 (HI, 3DIT) 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[映像情報メディア学会ホームページ]


ITE / 映像情報メディア学会