映像情報メディア学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2013-03-08 13:05
固体浸レンズを用いた薄型光ディスクへの高密度記録
小出大一梶山岳士佐藤龍二徳丸春樹NHK)・高野善道NHK-ES)・大石 潔長岡技科大
抄録 (和) 大容量かつ高転送レート記録が可能な近接場光記録による高密度薄型光ディスク(以下,NFR-FOD)を提案する.厚さ0.1 mmの紙のように薄いポリカーボネートのシート基板上に,現行ブルーレイディスク(以下,BD)の1/2にあたる0.16 umの狭いトラックピッチの記録トラックを形成し,記録材料を積層して、薄型光ディスクを試作した.NFR-FODは,ドライブに安定化機構を設置しディスクに近づけることで,従来の約1/10の10 ump-p 以下の面振れ量で回転駆動することができる.このため,近接場光記録による高転送レート化の課題であったディスクとヘッド間を30 nm以下で保持制御するギャップサーボを,12000 rpmの高速回転時でも2 nm以下で高精度制御させることができた.本駆動技術を基盤とし,現行BDの半分以下の径にビームスポットを集光させることのできるNA 1.84の固体浸レンズを搭載した光ヘッドを用いることで,高速回転で1記録層あたりの容量100 GBに相当する従来比4倍の高密度記録と,これまで成し得なかった250 Mbpsの高転送レート記録を同時に実現する動作を初めて確認した.本NFR-FODは,現行BDの半分の回転数で同転送レートを実現することが可能である. 
(英) We studied a near-field optical recording-flexible optical disk (NFR-FOD) for high-density and high-data transfer rate recording. We prototyped a high-density NFR-FOD that has a track pitch of 0.16 um and we stacked some recording layers on a thin substrate that was 0.1 mm thick. We rotated the NFR-FOD closing the mechanical stabilizer on a drive system with less than 10 ump-p of axial run-out, and performed the precise gap servo at high-rotational speed. We demonstrated near-field optical recording with a solid immersion lens with numerical aperture (NA) of 1.84 on the NFR-FOD. The NFR-FOD has four times recording density corresponding to a capacity of 100 GBytes per layer and a high-data transfer rate of 250 Mbps with rotating at half speed than that of current Blu-ray disc.
キーワード (和) 薄型光ディスク / 近接場光記録 / 固体浸レンズ / ギャップサーボ / RHD-FF制御 / 高密度記録 / /  
(英) flexible optical disk / near-field optical recording / solid immersion lens / gap servo / RHD-FF control / high density / /  
文献情報 映情学技報, vol. 37, no. 13, MMS2013-14, pp. 1-5, 2013年3月.
資料番号 MMS2013-14 
発行日 2013-03-01 (MMS) 
ISSN Print edition: ISSN 1342-6893  Online edition: ISSN 2424-1970

研究会情報
研究会 IEICE-MRIS MMS  
開催期間 2013-03-08 - 2013-03-08 
開催地(和) 名古屋大学 
開催地(英) Nagoya Univ. 
テーマ(和) 光記録,一般 
テーマ(英) Optical rexording, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 MMS 
会議コード 2013-03-MR-MMS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 固体浸レンズを用いた薄型光ディスクへの高密度記録 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) High-Density Optical Recording on Thin Optical Disks Using Solid Immersion Lens 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 薄型光ディスク / flexible optical disk  
キーワード(2)(和/英) 近接場光記録 / near-field optical recording  
キーワード(3)(和/英) 固体浸レンズ / solid immersion lens  
キーワード(4)(和/英) ギャップサーボ / gap servo  
キーワード(5)(和/英) RHD-FF制御 / RHD-FF control  
キーワード(6)(和/英) 高密度記録 / high density  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 小出 大一 / Daiichi Koide / コイデ ダイイチ
第1著者 所属(和/英) 日本放送協会 (略称: NHK)
Japan Broadcasting Corp. (略称: NHK)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 梶山 岳士 / Takeshi Kajiyama / カジヤマ タケシ
第2著者 所属(和/英) 日本放送協会 (略称: NHK)
Japan Broadcasting Corp. (略称: NHK)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 佐藤 龍二 / Ryuji Sato / サトウ リュウジ
第3著者 所属(和/英) 日本放送協会 (略称: NHK)
Japan Broadcasting Corp. (略称: NHK)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 徳丸 春樹 / Haruki Tokumaru / トクマル ハルキ
第4著者 所属(和/英) 日本放送協会 (略称: NHK)
Japan Broadcasting Corp. (略称: NHK)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 高野 善道 / Yoshimichi Takano / タカノ ヨシミチ
第5著者 所属(和/英) NHKエンジニアリングサービス (略称: NHK-ES)
NHK Engineering Service (略称: NHK-ES)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 大石 潔 / Kiyoshi Ohishi / オオイシ キヨシ
第6著者 所属(和/英) 長岡技術科学大学 (略称: 長岡技科大)
Nagaoka University of Technology (略称: NUT)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2013-03-08 13:05:00 
発表時間 25 
申込先研究会 MMS 
資料番号 ITE-MMS2013-14 
巻番号(vol) ITE-37 
号番号(no) no.13 
ページ範囲 pp.1-5 
ページ数 ITE-5 
発行日 ITE-MMS-2013-03-01 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[映像情報メディア学会ホームページ]


ITE / 映像情報メディア学会