お知らせ ◆映像情報メディア学会における研究会の開催について (新型コロナウイルス関連)2021年7月21日更新
映像情報メディア学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2013-03-15 16:50
桜のしらせ針 ~ 和の感性で時間管理 ~
松藤なお竹内 萌東京工科大)・内野いずみ渡邉賢悟けん悟庵)・伊藤彰教近藤邦雄東京工科大
抄録 (和) 古来より日本では,水時計など数字を用いない時間感覚の中で生活してきた.一方,現代では数字に よる時間管理で社会生活を成立させており,多くのスケジュール管理は数字によってなされている.そこで本制作 においては,伝統的な日本の時間管理にみられる「時間の始まりと終わり」に着目し,数字にとらわれない時間管 理のしくみを提案する.開始時間・終了時間を直感的に認識できるよう視覚化した iOS アプリケーションを実装す る.これにより,残り時間の割合を簡単に把握し,数字にとらわれない新たな時間管理のスタイルの提供を目指す. 
(英) We provide a time management application based on traditional Japanese-Style, named “SAKURA Scheduler”. Generally, some conventional time management methods consist of the time span by minutes, hours, and days. On the other hand, traditional time management method such as sundial has been show beginning and end of each schedule. We propose a revival of ancient time management. In particular, we make a circle graph which look like clocks to emphasize a rate of time left on each schedule. Finally, we demonstrate our application to show efficient time management style.
キーワード (和) 時間管理 / 視覚化 / モバイルデバイス / 日本画 / 日本伝統色 / / /  
(英) Time Management / Visualization / Mobile / Japanese Painting / Japanese Traditional Color / / /  
文献情報 映情学技報, vol. 37, no. 17, AIT2013-112, pp. 251-252, 2013年3月.
資料番号  
発行日 2013-03-08 (AIT) 
ISSN Print edition: ISSN 1342-6893  Online edition: ISSN 2424-1970
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 AIT IIEEJ AS  
開催期間 2013-03-15 - 2013-03-15 
開催地(和) 慶應義塾大学 日吉キャンパス 来往舎 
開催地(英) Keio Univ. 
テーマ(和) 映像表現・芸術科学フォーラム2013 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 AS 
会議コード 2013-03-AIT-IIEEJ-AS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 桜のしらせ針 
サブタイトル(和) 和の感性で時間管理 
タイトル(英) SAKURA Scheduler 
サブタイトル(英) Watching Your Tasks based on Traditional Japanese-Style 
キーワード(1)(和/英) 時間管理 / Time Management  
キーワード(2)(和/英) 視覚化 / Visualization  
キーワード(3)(和/英) モバイルデバイス / Mobile  
キーワード(4)(和/英) 日本画 / Japanese Painting  
キーワード(5)(和/英) 日本伝統色 / Japanese Traditional Color  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 松藤 なお / Nao Matsufuji / マツフジ ナオ
第1著者 所属(和/英) 東京工科大学 (略称: 東京工科大)
Tokyo University of Technology (略称: TUT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 竹内 萌 / Moe Takeuchi / タケウチ モエ
第2著者 所属(和/英) 東京工科大学 (略称: 東京工科大)
Tokyo University of Technology (略称: TUT)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 内野 いずみ / Izumi Uchino / ウチノ イズミ
第3著者 所属(和/英) けん悟庵 (略称: けん悟庵)
KengoLab (略称: KengoLab)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 渡邉 賢悟 / Kengo Watanabe / ワタナベ ケンゴ
第4著者 所属(和/英) けん悟庵 (略称: けん悟庵)
KengoLab (略称: KengoLab)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 伊藤 彰教 / Akinori Ito / イトウ アキノリ
第5著者 所属(和/英) 東京工科大学 (略称: 東京工科大)
Tokyo University of Technology (略称: TUT)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 近藤 邦雄 / Kunio Kondo / コンドウ クニオ
第6著者 所属(和/英) 東京工科大学 (略称: 東京工科大)
Tokyo University of Technology (略称: TUT)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2013-03-15 16:50:00 
発表時間 90 
申込先研究会 AS 
資料番号 ITE-AIT2013-112 
巻番号(vol) ITE-37 
号番号(no) no.17 
ページ範囲 pp.251-252 
ページ数 ITE-2 
発行日 ITE-AIT-2013-03-08 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[映像情報メディア学会ホームページ]


ITE / 映像情報メディア学会