映像情報メディア学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2013-03-15 15:20
粒子法による泡の崩壊シミュレーション
田津祐介張 英夏向井信彦東京都市大
抄録 (和) 粒子法を用いて泡の崩壊シミュレーションを行った. 水中の泡は水粒子に囲まれた空気粒子で構成されるが, 水面上の泡は大気と空気に挟まれた水粒子で構成される. 泡の崩壊を表現するため, 水面上の泡を構成する水粒子を膜粒子として定義し, 膜粒子の結合を考慮することで泡の崩壊をシミュレーションする. また, 水と空気の密度比は非常に大きいため, 流体の支配方程式を用いて水粒子と空気粒子を同時に解析するのは困難である. そこで, 水粒子と空気粒子の圧力計算を別々に行い, 各粒子の挙動を解析した後, これらの粒子を合成して泡の崩壊を表現する. 
(英) We have simulated rupture behavior of a bubble by using a particle method. Bubbles in the water are composed of air particles surrounded by water particles; however, bubbles on the water surface are composed of water particles surrounded by air particles and the air. In order to simulate rupture behavior of a bubble, film particles are defined as the particles that construct bubbles on the water surface, and the simulation can be performed by taking into account the connection between film particles. In addition, the density ratio of water and air is so large that it is difficult to analyze the behavior of water and air particles at the same time. Therefore, we have visualized rupture behavior of a bubble by combining two-phase behavior after calculating the pressure of water and air particles separately.
キーワード (和) コンピュータグラフィックス / 流体物理シミュレーション / 粒子法 / / / / /  
(英) Computer Graphics / Fluid Physical Simulation / Particle Method / Bubble / / / /  
文献情報 映情学技報, vol. 37, no. 17, AIT2013-65, pp. 115-118, 2013年3月.
資料番号 AIT2013-65 
発行日 2013-03-08 (AIT) 
ISSN Print edition: ISSN 1342-6893  Online edition: ISSN 2424-1970

研究会情報
研究会 AIT IIEEJ AS  
開催期間 2013-03-15 - 2013-03-15 
開催地(和) 慶應義塾大学 日吉キャンパス 来往舎 
開催地(英) Keio Univ. 
テーマ(和) 映像表現・芸術科学フォーラム2013 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 AIT 
会議コード 2013-03-AIT-IIEEJ-AS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 粒子法による泡の崩壊シミュレーション 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Rupture Simulation of a Bubble Based on Particle Method 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) コンピュータグラフィックス / Computer Graphics  
キーワード(2)(和/英) 流体物理シミュレーション / Fluid Physical Simulation  
キーワード(3)(和/英) 粒子法 / Particle Method  
キーワード(4)(和/英) / Bubble  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 田津 祐介 / Yusuke Tazu / タヅ ユウスケ
第1著者 所属(和/英) 東京都市大学 (略称: 東京都市大)
Tokyo City University (略称: Tokyo City Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 張 英夏 / Youngha Chang / チャン ヨンハ
第2著者 所属(和/英) 東京都市大学 (略称: 東京都市大)
Tokyo City University (略称: Tokyo City Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 向井 信彦 / Nobuhiko Mukai / ムカイ ノブヒコ
第3著者 所属(和/英) 東京都市大学 (略称: 東京都市大)
Tokyo City University (略称: Tokyo City Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2013-03-15 15:20:00 
発表時間 15 
申込先研究会 AIT 
資料番号 ITE-AIT2013-65 
巻番号(vol) ITE-37 
号番号(no) no.17 
ページ範囲 pp.115-118 
ページ数 ITE-4 
発行日 ITE-AIT-2013-03-08 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[映像情報メディア学会ホームページ]


ITE / 映像情報メディア学会