お知らせ ◆映像情報メディア学会における研究会等の開催について (新型コロナウイルス関連)
映像情報メディア学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2013-03-15 16:50
研究者ネットワークの構築および複数名のリアルタイム使用を考慮した可視化
明畠裕樹牧野光則中大
抄録 (和) 本稿では,総合大学のような多様な分野に属する研究者集団の傾向を可視化する対話型システムを提案する.
提案システムでは,研究者データベースに収録されている個々の研究者の研究分野やキーワードをもとに研究者ネットワークを構築し,CGにより可視化する.これにより,研究分野ごとの層の厚さや,複数の分野に所属することが一般的な研究者同士のつながりの把握を容易にする.
また,提案システムが実装されるMicrosoft PixelSenseが持つマルチタッチ機能を用いることで,複数名による同時対話操作を可能にし,情報のより容易な把握を実現する. 
(英) In this paper, an interactive visualization system on Microsoft PixelSense is proposed, which represents relationship between researchers in an organization such as professors in a university.
In the proposed system, a human network, which represents the relationship, is determined by research fields and research topics(keywords) for each researcher from researcher database.
By using real-time computer graphics technology, The relationship is visualized as a network of which length of edges represents strength of the relationship between two nodes (researchers or research fields).
Through the system, users (research coordinators, for example) can easily understand strength of the organization in each research field, and may easily notice relationship between researchers and research fields.
Since the system enables users to manipulate simultaneously and interactively with multi-touch feature of Microsoft PixelSense, the system enhances easy understanding.
キーワード (和) コンピュータグラフィックス / 研究者ネットワーク / 可視化 / 複数人使用 / / / /  
(英) Computer Graphics / Human Network / Visualization / Multi-User / / / /  
文献情報 映情学技報, vol. 37, no. 17, AIT2013-105, pp. 229-232, 2013年3月.
資料番号 AIT2013-105 
発行日 2013-03-08 (AIT) 
ISSN Print edition: ISSN 1342-6893  Online edition: ISSN 2424-1970
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 AIT IIEEJ AS  
開催期間 2013-03-15 - 2013-03-15 
開催地(和) 慶應義塾大学 日吉キャンパス 来往舎 
開催地(英) Keio Univ. 
テーマ(和) 映像表現・芸術科学フォーラム2013 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 AIT 
会議コード 2013-03-AIT-IIEEJ-AS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 研究者ネットワークの構築および複数名のリアルタイム使用を考慮した可視化 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) An Interactive Visualization System of Human Network for Multi-User 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) コンピュータグラフィックス / Computer Graphics  
キーワード(2)(和/英) 研究者ネットワーク / Human Network  
キーワード(3)(和/英) 可視化 / Visualization  
キーワード(4)(和/英) 複数人使用 / Multi-User  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 明畠 裕樹 / Hiroki Akehata / アケハタ ヒロキ
第1著者 所属(和/英) 中央大学 (略称: 中大)
Chuo Univercity (略称: Chuo Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 牧野 光則 / Mitsunori Makino / マキノ ミツノリ
第2著者 所属(和/英) 中央大学 (略称: 中大)
Chuo Univercity (略称: Chuo Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2013-03-15 16:50:00 
発表時間 90 
申込先研究会 AIT 
資料番号 ITE-AIT2013-105 
巻番号(vol) ITE-37 
号番号(no) no.17 
ページ範囲 pp.229-232 
ページ数 ITE-4 
発行日 ITE-AIT-2013-03-08 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[映像情報メディア学会ホームページ]


ITE / 映像情報メディア学会