お知らせ ◆映像情報メディア学会における研究会等の開催について (新型コロナウイルス関連)
映像情報メディア学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2013-03-15 16:50
歴史教育における3DCGの応用
周 欣欣名古屋文理大)・杉原健一岐阜経済大)・村瀬孝宏中京学院大
抄録 (和) 本文では,遺跡や歴史的な建造物,重要文化財のCGの生成および歴史教育における応用について述べる.著者らは発掘調査地図に基づいて古代建築物の3Dモデルを自動生成する歴史教育支援システムを構築している.古代建築物の3Dモデルを自動生成するには,3dsMAXのMaxScriptを利用した.復元した日本の古代建築物の3DモデルはGoogle Earthの地理環境に合成し,歴史教育のコンテンツとして利用できる.次にノートPCのWebカメラとARToolkitを利用して,歴史教科書に遺跡などの3Dモデルを重ねて表示するCプログラムも実現した.また,Android携帯端末のカメラを利用して,実写に復元モデルを合成するためにJavaプログラムも作成し,現在簡単なモデルの場合リアルタイムに合成できることを確認した. 
(英) In this paper, we describe an application of the 3 dimensional CG in history education by showing the historic building ruins and important cultural property with the 3D models. We generated the 3D models of the ancient building based on the map of ancient excavations, and developed a support system for history education. This system automatically generates a 3D model of the ancient building by using MaxScript of 3dsMAX. The 3D models of ancient Japanese buildings were represented virtually on Google Earth and can be used as the content of history education. This system also had the function of augmented reality that can display the visual 3D model on the real book pages by using a web camera on a notebook PC. In addition, we also expanded this system to the mobile devices with the Android OS by using Java language. The efficiency and usefulness were shown in the preliminary experiments.
キーワード (和) 遺跡復元 / 仮想現実感 / 拡張現実感 / / / / /  
(英) Reconstruction of Ancient Monument / Virtual Reality / Augmented Reality / / / / /  
文献情報 映情学技報, vol. 37, no. 17, AIT2013-107, pp. 237-238, 2013年3月.
資料番号  
発行日 2013-03-08 (AIT) 
ISSN Print edition: ISSN 1342-6893  Online edition: ISSN 2424-1970
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 AIT IIEEJ AS  
開催期間 2013-03-15 - 2013-03-15 
開催地(和) 慶應義塾大学 日吉キャンパス 来往舎 
開催地(英) Keio Univ. 
テーマ(和) 映像表現・芸術科学フォーラム2013 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 AS 
会議コード 2013-03-AIT-IIEEJ-AS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 歴史教育における3DCGの応用 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Application of the 3DCG on historical education 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 遺跡復元 / Reconstruction of Ancient Monument  
キーワード(2)(和/英) 仮想現実感 / Virtual Reality  
キーワード(3)(和/英) 拡張現実感 / Augmented Reality  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 周 欣欣 / Xinxin Zhou / シュウ シンシン
第1著者 所属(和/英) 名古屋文理大学 (略称: 名古屋文理大)
Nagoya Bunri University (略称: Nagoya Bunri Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 杉原 健一 / Kenichi Sugihara / スギハラ ケンイチ
第2著者 所属(和/英) 岐阜経済大学 (略称: 岐阜経済大)
Gifu Keizai University (略称: Gifu Keizai Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 村瀬 孝宏 / Murase Takahiro / ムラセ タカヒロ
第3著者 所属(和/英) 中京学院大学 (略称: 中京学院大)
Chukyo Gakuin University (略称: Chukyo Gakuin Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2013-03-15 16:50:00 
発表時間 90 
申込先研究会 AS 
資料番号 ITE-AIT2013-107 
巻番号(vol) ITE-37 
号番号(no) no.17 
ページ範囲 pp.237-238 
ページ数 ITE-2 
発行日 ITE-AIT-2013-03-08 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[映像情報メディア学会ホームページ]


ITE / 映像情報メディア学会