お知らせ ◆映像情報メディア学会における研究会等の開催について (新型コロナウイルス関連)
映像情報メディア学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2013-03-15 17:50
GPUを用いた計算機合成フルカラーイメージホログラムの高速計算
神代知史山口 健吉川 浩日大
抄録 (和) ホログラムは完全な3次元像を再生可能なものとして知られている.光の干渉現象を計算機を用いて数値計算したもので,再生像がホログラム面近傍に結像するものを計算機合成イメージホログラム(Computer-Generated Image Hologram: CGIH)と呼ぶ.以前までの研究で,出力装置の改良に伴うCGIHの高解像度化・高精細化が可能となった.一方で計算高速化のための近似計算による再生像のゆがみが問題となっている.前回の報告ではゆがみの無い再生像を得る事を目的とし,干渉計算における距離計算から近似計算を廃した.また実用的な時間でCGIHを計算する方法としてGPUを用いた並列計算を行った.本報告では,点光源データ最適化による高速化及び計算面付近の画質改善とフルカラー化を行う. 
(英) The Hologram is known that can reconstruct three-dimensional images perfectly. The Computer-Generated Image Hologram (CGIH) is the hologram that is calculated interference phenomenon by computer,and reconstructed image placed near the hologram plane. In our previous study, because of improvement of the output device, it has been possible to output high resolution and refinement CGIH. However, the distortion of the reconstructed image caused by the approximated calculation for high-speed computing has become a serious problem. In previous report, we abolish approximate calculation by fast computation using the GPU, and get the appropriate reconstructed image. In this paper, we improved the Image quality of near the hologram-plane and calculation speed by using optimized the point-source data and made full-color CGIH with proposed method.
キーワード (和) ホログラム / 計算機合成イメージホログラム / 高解像度 / GPU / フルカラー / / /  
(英) Hologram / Computer-Generated Image Hologram / high resolution / GPU / full-color / / /  
文献情報 映情学技報, vol. 37, no. 17, AIT2013-101, pp. 215-218, 2013年3月.
資料番号 AIT2013-101 
発行日 2013-03-08 (AIT) 
ISSN Print edition: ISSN 1342-6893  Online edition: ISSN 2424-1970
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 AIT IIEEJ AS  
開催期間 2013-03-15 - 2013-03-15 
開催地(和) 慶應義塾大学 日吉キャンパス 来往舎 
開催地(英) Keio Univ. 
テーマ(和) 映像表現・芸術科学フォーラム2013 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 AIT 
会議コード 2013-03-AIT-IIEEJ-AS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) GPUを用いた計算機合成フルカラーイメージホログラムの高速計算 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Fast computation for full-color image type computer-generated hologram using GPU 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) ホログラム / Hologram  
キーワード(2)(和/英) 計算機合成イメージホログラム / Computer-Generated Image Hologram  
キーワード(3)(和/英) 高解像度 / high resolution  
キーワード(4)(和/英) GPU / GPU  
キーワード(5)(和/英) フルカラー / full-color  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 神代 知史 / Satoshi Kajiro / カジロ サトシ
第1著者 所属(和/英) 日本大学 (略称: 日大)
Nihon University (略称: Nihon Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 山口 健 / Takeshi Yamaguchi / ヤマグチ タケシ
第2著者 所属(和/英) 日本大学 (略称: 日大)
Nihon University (略称: Nihon Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 吉川 浩 / Hiroshi Yoshikawa / ヨシカワ ヒロシ
第3著者 所属(和/英) 日本大学 (略称: 日大)
Nihon University (略称: Nihon Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2013-03-15 17:50:00 
発表時間 15 
申込先研究会 AIT 
資料番号 ITE-AIT2013-101 
巻番号(vol) ITE-37 
号番号(no) no.17 
ページ範囲 pp.215-218 
ページ数 ITE-4 
発行日 ITE-AIT-2013-03-08 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[映像情報メディア学会ホームページ]


ITE / 映像情報メディア学会