お知らせ ◆映像情報メディア学会における研究会等の開催について (新型コロナウイルス関連)
映像情報メディア学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2013-03-15 10:30
T2VによるMMD向けCGオブジェクトの再利用可能性の考察
輪島幸治東京理科大)・林 正樹ゴットランド大)・古川利博東京理科大
抄録 (和) 個人によるCGの制作が活発になってきている.MMD(MikuMikuDance)と呼ばれるCGムービー制作ツールは,コンテンツキャラクターのCGを有志が制作することで有名である.MMDで制作された動画はキャラクターのファンの間で人気が高く,動画を制作したいユーザは多い.しかし操作が難解なため専門的な能力を持たないユーザが動画を制作するツールとしては敷居が高い.一方,動画制作の手法にT2V(Text-to-Vision)という専門的な能力を持たなくとも動画を制作可能なメディア変換技術が提案されている.そこでT2VによるCGオブジェクトの再利用を検討したい.T2VによるMMD向けCGオブジェクトの再利用が可能となることで,ユーザが容易に動画作成するのを可能とし,コンテンツ共有サイトのさらなる発展を推し進めるであろう.本稿ではT2VとMMDによるそれぞれのCG形式の比較を行い,描画検証を行う.そして今後T2VアプリケーションにてMMD向けCGオブジェクトを再利用する際の課題を明らかにする. 
(英) Production of Computer Graphics (CG) by individuals has become active. CG movie production free tool called the MMD (MikuMikuDance) is famous for theitsir volunteers to produce a CG character animationscontent. Videos that have been produced in MMD is are very popular among users of the fans of the character., many Many people want to create a their own movie.animations, however, the production tool requires highly technical skill, thereforeand therefore, there is a big barrier for such individual people to create animations with the MMD.Operation as a tool for users who do not have the technical expertise to produce a video for arcane but has a high threshold. On the other hand,, T2V (Text-To-Vision) is proposed to provide the easy-to-use production tool of character animation for the people who do not have much skill of making animations.media conversion technology that can be produced has been proposed video without having a technical expertise that T2V (Text-to-Vision) to the method of video production. Considering reuse of CG object of MMD in T2V to allow users to make animation in the easy way, with T2V there. By CG object for reuse by T2V MMD is possible, to allow easy creation of user video, we can expect the further development of content sharing sites further development can be expected. In this paper, We we compare the CG formats of each of the MMD and T2V, In this paper, then we have had a test rendering to validate our method.the drawing. We then To clarify the issue of when a CG object reuse of MMD and T2V for the future applications.
キーワード (和) T2V / TVML / 初音ミク / MikuMikuDance / メディア変換 / / /  
(英) T2V / TVML / Hatsune Miku / MikuMikuDance / Media conversion / / /  
文献情報 映情学技報, vol. 37, no. 17, AIT2013-56, pp. 85-88, 2013年3月.
資料番号  
発行日 2013-03-08 (AIT) 
ISSN Print edition: ISSN 1342-6893  Online edition: ISSN 2424-1970
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 AIT IIEEJ AS  
開催期間 2013-03-15 - 2013-03-15 
開催地(和) 慶應義塾大学 日吉キャンパス 来往舎 
開催地(英) Keio Univ. 
テーマ(和) 映像表現・芸術科学フォーラム2013 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 AS 
会議コード 2013-03-AIT-IIEEJ-AS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) T2VによるMMD向けCGオブジェクトの再利用可能性の考察 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) On reusable CG object for MMD in T2V 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) T2V / T2V  
キーワード(2)(和/英) TVML / TVML  
キーワード(3)(和/英) 初音ミク / Hatsune Miku  
キーワード(4)(和/英) MikuMikuDance / MikuMikuDance  
キーワード(5)(和/英) メディア変換 / Media conversion  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 輪島 幸治 / Koji Wajima / ワジマ コウジ
第1著者 所属(和/英) 東京理科大学 (略称: 東京理科大)
Tokyo University of Science (略称: TUS)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 林 正樹 / Masaki Hayashi / ハヤシ マサキ
第2著者 所属(和/英) ゴットランド大学 (略称: ゴットランド大)
Gotland University (略称: Gotland Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 古川 利博 / Toshihiro Furukawa / フルカワ トシヒロ
第3著者 所属(和/英) 東京理科大学 (略称: 東京理科大)
Tokyo University of Science (略称: TUS)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2013-03-15 10:30:00 
発表時間 90 
申込先研究会 AS 
資料番号 ITE-AIT2013-56 
巻番号(vol) ITE-37 
号番号(no) no.17 
ページ範囲 pp.85-88 
ページ数 ITE-4 
発行日 ITE-AIT-2013-03-08 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[映像情報メディア学会ホームページ]


ITE / 映像情報メディア学会