お知らせ ◆映像情報メディア学会における研究会の開催について (新型コロナウイルス関連)2021年7月21日更新
映像情報メディア学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2013-03-15 10:30
参照画像を利用した手描き線画への彩色
倉田沙織信太孝友石山雄也森 博志外山 史東海林健二宇都宮大
抄録 (和) カラー写真等の参照画像を下敷きにして線画を描くことにより,絵画の初心者でも非常に短時間で絵を完成させることができる手描き線画彩色手法を提案する.提案手法は,ユーザが描いた線画に基づき参照画像を三角形分割し,各三角形内で平均色を求めてその三角形内を塗りつぶすことにより線画に彩色するものである.単純に三角形単位で彩色するとモザイク状の結果となるため,最後に,描画線をまたぐ三角形間を除いて,三角形間で色の平滑化を行う. 
(英) We present a colorization method for freehand line drawings. The proposed method is implemented on a tablet PC and the system displays a photograph with low contrast on a drawing area as a reference image. As the user sketches a scene, the system paints it with colors in the reference image. Colorization is accomplished by Delaunay triangulation for the set of sampling points on the sketch lines, calculating an average color in each triangle on the reference image, and filling the color in each triangle. As the above naive procedure makes a mosaic image, we lastly apply smoothing of color between neighboring triangles whose shared side is not laid on any sketch line.
キーワード (和) 手描き線画 / ドロネー三角形分割 / 自動彩色 / / / / /  
(英) Freehand Line Drawing / Delaunay Triangulation / Automated Colorization / / / / /  
文献情報 映情学技報, vol. 37, no. 17, AIT2013-39, pp. 23-26, 2013年3月.
資料番号 AIT2013-39 
発行日 2013-03-08 (AIT) 
ISSN Print edition: ISSN 1342-6893  Online edition: ISSN 2424-1970
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 AIT IIEEJ AS  
開催期間 2013-03-15 - 2013-03-15 
開催地(和) 慶應義塾大学 日吉キャンパス 来往舎 
開催地(英) Keio Univ. 
テーマ(和) 映像表現・芸術科学フォーラム2013 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 AIT 
会議コード 2013-03-AIT-IIEEJ-AS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 参照画像を利用した手描き線画への彩色 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Colorization of Freehand Line Drawings Using Reference Images 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 手描き線画 / Freehand Line Drawing  
キーワード(2)(和/英) ドロネー三角形分割 / Delaunay Triangulation  
キーワード(3)(和/英) 自動彩色 / Automated Colorization  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 倉田 沙織 / Saori Kurata / クラタ サオリ
第1著者 所属(和/英) 宇都宮大学 (略称: 宇都宮大)
Utsunomiya University (略称: Utsunomiya Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 信太 孝友 / Yoshitomo Shida / シダ ヨシトモ
第2著者 所属(和/英) 宇都宮大学 (略称: 宇都宮大)
Utsunomiya University (略称: Utsunomiya Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 石山 雄也 / Yuya Ishiyama / イシヤマ ユウヤ
第3著者 所属(和/英) 宇都宮大学 (略称: 宇都宮大)
Utsunomiya University (略称: Utsunomiya Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 森 博志 / Hiroshi Mori / モリ ヒロシ
第4著者 所属(和/英) 宇都宮大学 (略称: 宇都宮大)
Utsunomiya University (略称: Utsunomiya Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 外山 史 / Fubito Toyama / トヤマ フビト
第5著者 所属(和/英) 宇都宮大学 (略称: 宇都宮大)
Utsunomiya University (略称: Utsunomiya Univ.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 東海林 健二 / Kenji Shoji / ショウジ ケンジ
第6著者 所属(和/英) 宇都宮大学 (略称: 宇都宮大)
Utsunomiya University (略称: Utsunomiya Univ.)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2013-03-15 10:30:00 
発表時間 15 
申込先研究会 AIT 
資料番号 ITE-AIT2013-39 
巻番号(vol) ITE-37 
号番号(no) no.17 
ページ範囲 pp.23-26 
ページ数 ITE-4 
発行日 ITE-AIT-2013-03-08 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[映像情報メディア学会ホームページ]


ITE / 映像情報メディア学会