お知らせ ◆映像情報メディア学会における研究会等の開催について (新型コロナウイルス関連)
映像情報メディア学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2013-03-15 15:35
情動誘導映像の設計
川頭 匠豊浦正広小俣昌樹茅 暁陽山梨大
抄録 (和) 本研究では視聴者を特定の情動へ促す視覚効果(映像)の設計とその評価を通して,鑑賞者の情動を考慮した映像設計におけるガイドラインを示すことを目的とする.これまでに個別に挙げられてきた視覚要素の色,サイズ,形状,数,移動方向,速度の情動に対する影響をまとめ,2次元感情モデルの第1象限から第4象限に対応するアニメーションを作成した.実験では,主観評価結果と生体情報計測・解析を通して,視覚効果の有用性を調査した. 
(英) This paper presets a basic study aiming at providing the guidelines for designing visual effects which can direct a user toward a particular state of emotion. Four visual effect animations corresponding to the quadrants of the 2D arousal-valence affective space were designed based on the existing knowledge on the relationships between human emotion and the parameters, such as color, shape, size, density and motion of visual elements. The influence of the animations on human emotion were partially confirmed through the subject studies based on both questionnaire and physiological data measuring.
キーワード (和) 情動 / 映像 / 生体信号 / / / / /  
(英) Affect / Animation / Biometric signal / / / / /  
文献情報 映情学技報, vol. 37, no. 17, AIT2013-71, pp. 131-134, 2013年3月.
資料番号  
発行日 2013-03-08 (AIT) 
ISSN Print edition: ISSN 1342-6893  Online edition: ISSN 2424-1970
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 AIT IIEEJ AS  
開催期間 2013-03-15 - 2013-03-15 
開催地(和) 慶應義塾大学 日吉キャンパス 来往舎 
開催地(英) Keio Univ. 
テーマ(和) 映像表現・芸術科学フォーラム2013 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 AS 
会議コード 2013-03-AIT-IIEEJ-AS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 情動誘導映像の設計 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Design and Evaluation of Affective Visual Effect 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 情動 / Affect  
キーワード(2)(和/英) 映像 / Animation  
キーワード(3)(和/英) 生体信号 / Biometric signal  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 川頭 匠 / Takumi Kawagashira / カワガシラ タクミ
第1著者 所属(和/英) 山梨大学 (略称: 山梨大)
University of Yamanashi (略称: Univ. Yamanashi)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 豊浦 正広 / Masahiro Toyoura / トヨウラ マサヒロ
第2著者 所属(和/英) 山梨大学 (略称: 山梨大)
University of Yamanashi (略称: Univ. Yamanashi)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 小俣 昌樹 / Masaki Omata / オマタ マサキ
第3著者 所属(和/英) 山梨大学 (略称: 山梨大)
University of Yamanashi (略称: Univ. Yamanashi)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 茅 暁陽 / Xiaoyang Mao / マオ シャオヤン
第4著者 所属(和/英) 山梨大学 (略称: 山梨大)
University of Yamanashi (略称: Univ. Yamanashi)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2013-03-15 15:35:00 
発表時間 15 
申込先研究会 AS 
資料番号 ITE-AIT2013-71 
巻番号(vol) ITE-37 
号番号(no) no.17 
ページ範囲 pp.131-134 
ページ数 ITE-4 
発行日 ITE-AIT-2013-03-08 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[映像情報メディア学会ホームページ]


ITE / 映像情報メディア学会