お知らせ ◆映像情報メディア学会における研究会等の開催について (新型コロナウイルス関連)
映像情報メディア学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2013-03-15 10:30
ShadowDrawパラダイムに基づく例示ベース樹木モデリングの提案
萬屋宇人藤代一成慶大
抄録 (和) 樹木モデリングはコンピュータグラフィックスのなかでも重要な研究分野の一つであり, 樹木の複雑な枝葉構造から, その植物学的な規則やモデリングの簡易化を追求するなど, 従来からさまざまな研究が行われてきた. 本研究では, 樹木モデリングを一層簡易化することに着目し, ShadowDrawパラダイムを利用したスケッチベース樹木モデリングを提案する. このパラダイムの導入により, ユーザはスケッチを描くスキルを必要としないだけでなく, 実際の樹木画像をガイドとして利用できるため, 既存のスケッチベース手法に比べて, 植物学的にも現実味のあるスケッチを描くことができる. 本手法は, ShadowDrawパラダイムに基づいて, 従来のスケッチベース手法を改良するものであるが, Web上の樹木画像を集合知として利用する例示ベース手法とも位置づけられる. 
(英) In this article, we propose a sketch-based approach to tree modeling based on ShadowDraw paradigm. ShadowDraw was originally proposed as a system for guiding freeform drawing of 2D objects. The ShadowDraw paradigm does not only require the users to have any specific drawing skills, but also allows them to draw tree structures more biologically by using as a guide underlying shadow images of real trees of intended kinds. The proposed system could provide a new way to what is called example-based tree modeling since it relies on a large collection of tree images from the Internet as wisdom of crowds.
キーワード (和) 植物学的な樹木モデル生成 / スケッチ入力 / 例示ベースモデリング / / / / /  
(英) botanical tree image generation / sketch input / example-based modeling / / / / /  
文献情報 映情学技報, vol. 37, no. 17, AIT2013-48, pp. 53-56, 2013年3月.
資料番号  
発行日 2013-03-08 (AIT) 
ISSN Print edition: ISSN 1342-6893  Online edition: ISSN 2424-1970
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 AIT IIEEJ AS  
開催期間 2013-03-15 - 2013-03-15 
開催地(和) 慶應義塾大学 日吉キャンパス 来往舎 
開催地(英) Keio Univ. 
テーマ(和) 映像表現・芸術科学フォーラム2013 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 AS 
会議コード 2013-03-AIT-IIEEJ-AS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) ShadowDrawパラダイムに基づく例示ベース樹木モデリングの提案 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Proposal of Example-Based Tree Modeling Based on ShadowDraw Paradigm 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 植物学的な樹木モデル生成 / botanical tree image generation  
キーワード(2)(和/英) スケッチ入力 / sketch input  
キーワード(3)(和/英) 例示ベースモデリング / example-based modeling  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 萬屋 宇人 / Takato Yorozuya / ヨロズヤ タカト
第1著者 所属(和/英) 慶應義塾大学 (略称: 慶大)
Keio University (略称: Keio Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 藤代 一成 / Issei Fujishiro / フジシロ イッセイ
第2著者 所属(和/英) 慶應義塾大学 (略称: 慶大)
Keio University (略称: Keio Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2013-03-15 10:30:00 
発表時間 90 
申込先研究会 AS 
資料番号 ITE-AIT2013-48 
巻番号(vol) ITE-37 
号番号(no) no.17 
ページ範囲 pp.53-56 
ページ数 ITE-4 
発行日 ITE-AIT-2013-03-08 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[映像情報メディア学会ホームページ]


ITE / 映像情報メディア学会