お知らせ ◆映像情報メディア学会における研究会の開催について (新型コロナウイルス関連)2021年7月21日更新
映像情報メディア学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2013-05-31 13:00
[ポスター講演]撮像面分割型イメージセンサを用いた環境認識に適した画像の取得
箱石広之大高俊徳浜本隆之東理大
抄録 (和) 本稿では,複数のブロックに分割された撮像面をもつイメージセンサを用いて,広ダイナミックレンジ画像や動きボケを抑制した画像といった,環境認識に適した画像を取得する方式を提案する.このイメージセンサは,各ブロックに異なる露光時間やフレームレートを設定できる.各ブロック内の画素の輝度平均値を用いて適切な露光時間を設定することで,ダイナミックレンジを拡大した画像を取得する.また,動物体が存在するブロックのフレームレートを高くすることで,動きボケを抑制した画像を取得する. 
(英) In this paper, we propose the methods of dynamic range expansion and motion blur suppression to obtain appropriate images for the environment recognition using the image sensor whose focal plane is divided into several blocks. This image sensor can control imaging parameters such as exposure time and frame rate for each small block. The method of dynamic range expansion is to adjust exposure time based on average luminance for each block. The method of motion blur suppression is to adjust frame rate based on the position of the moving object.
キーワード (和) イメージセンサ / 環境認識 / ダイナミックレンジ / 動きボケ / / / /  
(英) Image Sensor / Environment Recognition / Dynamic Range / Motion Blur / / / /  
文献情報 映情学技報, vol. 37, no. 22, IST2013-21, pp. 25-28, 2013年5月.
資料番号 IST2013-21 
発行日 2013-05-24 (IST) 
ISSN Print edition: ISSN 1342-6893  Online edition: ISSN 2424-1970
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 IST  
開催期間 2013-05-31 - 2013-05-31 
開催地(和) 埼玉大学東京ステーションカレッジ 
開催地(英)  
テーマ(和) 高機能イメージセンシングとその応用 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IST 
会議コード 2013-05-IST 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 撮像面分割型イメージセンサを用いた環境認識に適した画像の取得 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Acquisition of Appropriate Images for the Environment Recognition by Segmented-base Image Sensor 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) イメージセンサ / Image Sensor  
キーワード(2)(和/英) 環境認識 / Environment Recognition  
キーワード(3)(和/英) ダイナミックレンジ / Dynamic Range  
キーワード(4)(和/英) 動きボケ / Motion Blur  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 箱石 広之 / Hiroyuki Hakoishi / ハコイシ ヒロユキ
第1著者 所属(和/英) 東京理科大学 (略称: 東理大)
Tokyo University of Science (略称: TUS)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 大高 俊徳 / Toshinori Otaka / オオタカ トシノリ
第2著者 所属(和/英) 東京理科大学 (略称: 東理大)
Tokyo University of Science (略称: TUS)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 浜本 隆之 / Takayuki Hamamoto / ハマモト タカユキ
第3著者 所属(和/英) 東京理科大学 (略称: 東理大)
Tokyo University of Science (略称: TUS)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2013-05-31 13:00:00 
発表時間 120 
申込先研究会 IST 
資料番号 IST2013-21 
巻番号(vol) 37 
号番号(no) no.22 
ページ範囲 pp.25-28 
ページ数
発行日 2013-05-24 (IST) 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[映像情報メディア学会ホームページ]


ITE / 映像情報メディア学会