お知らせ ◆映像情報メディア学会における研究会等の開催について (新型コロナウイルス関連)
映像情報メディア学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2013-06-24 14:45
画素ごとの独立時間軸系での動き検出アルゴリズム
坂口達彦秋田純一金沢大
抄録 (和) 従来の動画像処理方式では静止画を時間軸方向に離散化している.そのため例えば動きの早い物体に対してはフレームレートを高める必要があるなど,動きに合わせたフレームレートを設定する必要があり,フレームレートが一定である条件では遅い物体に対して無駄があったり急な速度変化に対応しにくいなどの問題が存在する.本稿では,動物体の動き検出を,画素ごとに独立した,連続時間軸を持つシステム構成において実現するアルゴリズムについて考える.その動き検出アルゴリズムの,撮像時のノイズ等の誤差要因に対する耐性について検討した結果について述べる. 
(英) Traditional image processing method is still images in the time domain. The frame rate should be set for capturing and tracking the moving objects, high frame rate for faster objects, for instance. The higher frame rate may result in expensive processing cost for slower objects, or difficulties in adapting the drastic change of speed. In this paper, we describe the motion detection algorithm based on independent time-continuous domain in each pixel. We also describe the estimation on the robustness for external noise factors in motion detection using this algorithm.
キーワード (和) 動き検出 / 独立時間軸 / 自己相関関数 / / / / /  
(英) motion detection / time axis / autocorrelation function / / / / /  
文献情報 映情学技報, vol. 37, no. 27, IST2013-31, pp. 13-16, 2013年6月.
資料番号 IST2013-31 
発行日 2013-06-17 (IST, ME) 
ISSN Print edition: ISSN 1342-6893  Online edition: ISSN 2424-1970
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 IST ME IEICE-BioX  
開催期間 2013-06-24 - 2013-06-25 
開催地(和) 金沢大学 
開催地(英)  
テーマ(和) インタラクティブシステム・画像入力デバイス・方式、バイオメトリクス、及び一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IST 
会議コード 2013-06-IST-ME-BioX 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 画素ごとの独立時間軸系での動き検出アルゴリズム 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) The motion detection algorithm in independent time axis system for each pixel 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 動き検出 / motion detection  
キーワード(2)(和/英) 独立時間軸 / time axis  
キーワード(3)(和/英) 自己相関関数 / autocorrelation function  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 坂口 達彦 / Tatsuhiko Sakaguchi / サカグチ タツヒコ
第1著者 所属(和/英) 金沢大学 (略称: 金沢大)
Kanazawa University (略称: Kanazawa Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 秋田 純一 / Junichi Akita / アキタ ジュンイチ
第2著者 所属(和/英) 金沢大学 (略称: 金沢大)
Kanazawa University (略称: Kanazawa Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2013-06-24 14:45:00 
発表時間 30 
申込先研究会 IST 
資料番号 ITE-IST2013-31,ITE-ME2013-73 
巻番号(vol) ITE-37 
号番号(no) no.27 
ページ範囲 pp.13-16 
ページ数 ITE-4 
発行日 ITE-IST-2013-06-17,ITE-ME-2013-06-17 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[映像情報メディア学会ホームページ]


ITE / 映像情報メディア学会