お知らせ ◆映像情報メディア学会における研究会の開催について (新型コロナウイルス関連)2021年7月21日更新
映像情報メディア学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2013-11-15 13:20
[招待講演]今後期待されるイメージセンシング技術
小室 孝埼玉大
抄録 (和) イメージセンサの性能向上に伴い、実現可能なアプリケーションの幅が広がった。それとともにイメージセンサに求められる性能も多様化している。また近年では、撮像だけでなくその後の処理を前提としたセンシング技術が注目を集めている。このような状況を踏まえ、本稿では今後10年くらいの間に実現可能で、かつ社会から必要とされるであろうイメージセンサの性能や新しいイメージセンシング技術について考察する。 
(英) With the performance increase of image sensors, the range of possible applications has become wide. Following that, the required performance of image sensors has also become diverse. In addition, the sensing technology of image capturing that assumes subsequent processing is getting a lot more attention lately. Considering such a situation, in this paper I discuss performance of image sensors and new image sensing technologies that will be realizable and will be required from the public in the next decade.
キーワード (和) 高速画像センシング / コンピュテーショナルフォトグラフィー / 画像合成 / フォトンセンシング / / / /  
(英) High-speed image sensing / computational photography / image synthesis / photon sensing / / / /  
文献情報 映情学技報, vol. 37, no. 48, IST2013-67, pp. 17-20, 2013年11月.
資料番号 IST2013-67 
発行日 2013-11-08 (IST) 
ISSN Print edition: ISSN 1342-6893  Online edition: ISSN 2424-1970
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 IST  
開催期間 2013-11-15 - 2013-11-15 
開催地(和) 静岡大(浜松)佐鳴会館 
開催地(英) Sanaru Hall, Shizuoka Univ. (Hamamatsu) 
テーマ(和) アンコンベンショナルカメラとイメージセンサおよび一般 
テーマ(英) Unconventional cameras and image sensors, etc 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IST 
会議コード 2013-11-IST 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 今後期待されるイメージセンシング技術 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Promising image sensing technologies for the future 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 高速画像センシング / High-speed image sensing  
キーワード(2)(和/英) コンピュテーショナルフォトグラフィー / computational photography  
キーワード(3)(和/英) 画像合成 / image synthesis  
キーワード(4)(和/英) フォトンセンシング / photon sensing  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 小室 孝 / Takashi Komuro / コムロ タカシ
第1著者 所属(和/英) 埼玉大学 (略称: 埼玉大)
Saitama Univerisity (略称: Saitama Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第2著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2013-11-15 13:20:00 
発表時間 40 
申込先研究会 IST 
資料番号 ITE-IST2013-67 
巻番号(vol) ITE-37 
号番号(no) no.48 
ページ範囲 pp.17-20 
ページ数 ITE-4 
発行日 ITE-IST-2013-11-08 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[映像情報メディア学会ホームページ]


ITE / 映像情報メディア学会