お知らせ ◆映像情報メディア学会における研究会の開催について (新型コロナウイルス関連)2021年7月21日更新
映像情報メディア学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2013-11-15 15:50
[招待講演]富士通におけるカメラを活用した新たな機能の創出への取り組み
清水雅芳富士通研
抄録 (和) デジタルカメラの主たる用途は,表示や記録を目的とした撮像ですが,デジタルカメラは空間的にも時間的にも高い分解能を有する優れた入力デバイスととらえることができます.我々は,人を中心としたICTを実現するうえで,インターフェースやセンシングは重要な機能と考えており,これらを具体化する取り組みとして,デジタルカメラを活用した技術開発を進めています.その中から,視線検出,FingerLink(指で直観的に操作が可能な次世代UI),顔画像心拍計測,肌メモリ(スマートフォンによる肌状態計測)をご紹介します. 
(英) Though the main purpose of digital cameras is to record and display images, they are also devices with excellent spatial and temporal resolutions. We consider interface and sensing technologies as essential components for realizing human-centric ICT, and are working on several novel technologies utilizing digital cameras. In this paper, we introduce our gaze detection technology, a next-gen UI "FingerLink" to manipulate objects intuitively, a heart rate monitoring system using facial images, and a smartphone-based skin condition measurement system "Hada-memory (Skin memory)".
キーワード (和) カメラ / 計測 / インターフェース / 視線検出 / ジェスチャ / 心拍 / /  
(英) Camera / Sensing / Interface / Gaze detection / Gesture / Heart rate / Skin /  
文献情報 映情学技報, vol. 37, no. 48, IST2013-70, pp. 27-29, 2013年11月.
資料番号 IST2013-70 
発行日 2013-11-08 (IST) 
ISSN Print edition: ISSN 1342-6893  Online edition: ISSN 2424-1970
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 IST  
開催期間 2013-11-15 - 2013-11-15 
開催地(和) 静岡大(浜松)佐鳴会館 
開催地(英) Sanaru Hall, Shizuoka Univ. (Hamamatsu) 
テーマ(和) アンコンベンショナルカメラとイメージセンサおよび一般 
テーマ(英) Unconventional cameras and image sensors, etc 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IST 
会議コード 2013-11-IST 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 富士通におけるカメラを活用した新たな機能の創出への取り組み 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Fujitsu's R&D activities towards creating new capabilities utilizing digital cameras 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) カメラ / Camera  
キーワード(2)(和/英) 計測 / Sensing  
キーワード(3)(和/英) インターフェース / Interface  
キーワード(4)(和/英) 視線検出 / Gaze detection  
キーワード(5)(和/英) ジェスチャ / Gesture  
キーワード(6)(和/英) 心拍 / Heart rate  
キーワード(7)(和/英) / Skin  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 清水 雅芳 / Masayoshi Shimizu / シミズ マサヨシ
第1著者 所属(和/英) (株)富士通研究所 (略称: 富士通研)
Fujitsu Laboratories LTD. (略称: Fujitsu labs)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第2著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2013-11-15 15:50:00 
発表時間 40 
申込先研究会 IST 
資料番号 ITE-IST2013-70 
巻番号(vol) ITE-37 
号番号(no) no.48 
ページ範囲 pp.27-29 
ページ数 ITE-3 
発行日 ITE-IST-2013-11-08 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[映像情報メディア学会ホームページ]


ITE / 映像情報メディア学会