お知らせ ◆映像情報メディア学会における研究会の開催について (新型コロナウイルス関連)2021年7月21日更新
映像情報メディア学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2013-12-10 10:35
HEVCにおけるCUサイズ決定手法の一検討
三反崎暁経小野尚紀清水 淳NTT
抄録 (和) 映像符号化方式HEVC(High Efficiency Video Coding)では,最大4つの符号化単位(CU:Coding Unit)サイズから符号化効率が最も高くなる最適なサイズを選択し,符号化効率向上を実現するが,符号化演算量が膨大に増加する.本報告では,HEVCにおける処理高速化を目的とし,CUサイズ決定手法を提案する.最低2つのCUサイズに対してRDコストを算出し,比較することで,符号化効率のロスを抑制しながら高速に最適なCUサイズを一意に決定する.これにより,符号化時のビットレートに依存することなく安定的に,符号化演算時間を約40%程度削減可能となる. 
(英) HEVC (High Efficiency Video Coding) is the video encoding standard with high efficiency that uses four CUs (Coding Unit) adaptively. But this adaptive selection of CUs greatly increases the processing complexity. In this report, we propose the fast CU decision method on HEVC. We calculate RD cost for two CU layers and decide the optimum CU size based on the relation between two RD costs. We are able to reduce CU the complexity by 40% with high efficiency and is independent of the video-bitrate.
キーワード (和) HEVC / CU / サイズ決定 / RDコスト / / / /  
(英) HEVC / CU / size decision / RD-cost / / / /  
文献情報 映情学技報, vol. 37, no. 56, ME2013-132, pp. 53-56, 2013年12月.
資料番号 ME2013-132 
発行日 2013-12-02 (ME) 
ISSN Print edition: ISSN 1342-6893  Online edition: ISSN 2424-1970
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 ME  
開催期間 2013-12-09 - 2013-12-10 
開催地(和) あわら温泉 まつや千千(福井) 
開催地(英) Matuyasensen 
テーマ(和) 画像・メディア処理技術,および一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 ME 
会議コード 2013-12-ME 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) HEVCにおけるCUサイズ決定手法の一検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Study on Method of CU-size Decision on HEVC 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) HEVC / HEVC  
キーワード(2)(和/英) CU / CU  
キーワード(3)(和/英) サイズ決定 / size decision  
キーワード(4)(和/英) RDコスト / RD-cost  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 三反崎 暁経 / Tokinobu Mitasaki / ミタサキ トキノブ
第1著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
NTT Corporation (略称: NTT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 小野 尚紀 / Naoki Ono / オノ ナオキ
第2著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
NTT Corporation (略称: NTT)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 清水 淳 / Atsushi Shimizu / シミズ アツシ
第3著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
NTT Corporation (略称: NTT)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2013-12-10 10:35:00 
発表時間 25 
申込先研究会 ME 
資料番号 ITE-ME2013-132 
巻番号(vol) ITE-37 
号番号(no) no.56 
ページ範囲 pp.53-56 
ページ数 ITE-4 
発行日 ITE-ME-2013-12-02 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[映像情報メディア学会ホームページ]


ITE / 映像情報メディア学会