映像情報メディア学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2014-01-24 14:10
白色LED用ガラス蛍光体の合成 ~ 白色LED用ガラス蛍光体の合成 ~
金 善旭長谷川拓哉石垣 雅上松和義佐藤峰夫戸田健司新大
抄録 (和) 集光炉を用いたメルト法によりEu2+を発光イオンとするRb-Ba-Sc-Si-O系新規ガラス蛍光体を合成し、その発光特性を調べた。また、メルト法により合成したガラス蛍光体の発光効率を向上させるため、還元雰囲気下(5%H2-95%Ar )でアニーリング処理を行った。得られたガラス蛍光体の励起スペクトルでは220 ~ 450 nmにおける幅広い励起吸収が,発光スペクトルでは537 nmを最大ピークとする幅広い黄色発光が確認された。このことから、得られたEu2+付活Rb-Ba-Sc-Si-O系ガラス蛍光体は近紫外を励起光とする白色LED用の黄色蛍光体としての応用が期待できる。 
(英) Eu2+-activated Rb-Ba-Sc-Si-O glass phosphor was synthesized by a melt synthesis technique using arc-imaging furnace and their photoluminescence properties were characterized. In addition, the obtained glass phosphors annealed in a flow of 5%H2-95%Ar gas to enhance the luminescent efficiency. The excitation spectra of the Eu2+-activated glass phosphors are consisted of broad band covering the region from 220 to 450 nm, and presents yellow emission band centered at 537 nm due to the 4f65d1 → 4f7 transition of Eu2+. These results indicate that Eu2+-activated Rb-Ba-Sc-Si-O glass phosphors are a suitable candidate for the yellow-emitting phosphor of near UV based white LEDs lamps.
キーワード (和) 白色LED / ガラス蛍光体 / 黄色蛍光体 / / / / /  
(英) White LEDs / Glass phosphor / Yellow emission / / / / /  
文献情報 映情学技報, vol. 38, no. 2, IDY2014-5, pp. 21-24, 2014年1月.
資料番号 IDY2014-5 
発行日 2014-01-17 (IDY) 
ISSN Print edition: ISSN 1342-6893  Online edition: ISSN 2424-1970

研究会情報
研究会 IEICE-EID IDY IEIJ-SSL IEE-EDD SID-JC  
開催期間 2014-01-24 - 2014-01-25 
開催地(和) 新潟大学 駅南キャンパス 
開催地(英) Niigata University 
テーマ(和) 発光型/非発光型ディスプレイ合同研究会 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IDY 
会議コード 2014-01-EID-IDY-SSL-EDD-JC 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 白色LED用ガラス蛍光体の合成 
サブタイトル(和) 白色LED用ガラス蛍光体の合成 
タイトル(英) Synthesis of Glass Phosphors for Use in White LEDs 
サブタイトル(英) Synthesis of Glass Phosphors for Use in White LEDs 
キーワード(1)(和/英) 白色LED / White LEDs  
キーワード(2)(和/英) ガラス蛍光体 / Glass phosphor  
キーワード(3)(和/英) 黄色蛍光体 / Yellow emission  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 金 善旭 / Sun-woog Kim / キム ソンウク
第1著者 所属(和/英) 新潟大学 (略称: 新大)
Niigata University (略称: Niigata Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 長谷川 拓哉 / Takuya Hasegawa / ハセガワ タクヤ
第2著者 所属(和/英) 新潟大学 (略称: 新大)
Niigata University (略称: Niigata Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 石垣 雅 / Tadashi Ishigaki / イシガキ タダシ
第3著者 所属(和/英) 新潟大学 (略称: 新大)
Niigata University (略称: Niigata Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 上松 和義 / Kazuyoshi Uematsu / ウエマツ カズヨシ
第4著者 所属(和/英) 新潟大学 (略称: 新大)
Niigata University (略称: Niigata Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 佐藤 峰夫 / Mineo Sato / サトウ ミネオ
第5著者 所属(和/英) 新潟大学 (略称: 新大)
Niigata University (略称: Niigata Univ.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 戸田 健司 / Kenji Toda / トダ ケンジ
第6著者 所属(和/英) 新潟大学 (略称: 新大)
Niigata University (略称: Niigata Univ.)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2014-01-24 14:10:00 
発表時間
申込先研究会 IDY 
資料番号 ITE-IDY2014-5 
巻番号(vol) ITE-38 
号番号(no) no.2 
ページ範囲 pp.21-24 
ページ数 ITE-4 
発行日 ITE-IDY-2014-01-17 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[映像情報メディア学会ホームページ]


ITE / 映像情報メディア学会