お知らせ ◆映像情報メディア学会における研究会の開催について (新型コロナウイルス関連)2021年7月21日更新
映像情報メディア学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2014-02-17 14:05
ICAを用いた構造的分類に基づく静止画像符号化方式
川村和也亀田昌志岩手県立大
抄録 (和) 国際標準の静止画像符号化方式であるJPEGにも採用されているDCT(離散コサイン変換)は,画像の輝度信号を周波数信号に変換し高周波成分を削減することで情報量の削減を実現しているが,圧縮率が高くなると符号化画像に視覚的に妨害となる歪が生じてしまう.これは低レートでの圧縮を行った際に,重要なDCT係数が失われたことが原因である.本研究ではICA(独立成分分析)を用いた静止画像符号化方式の提案を行う.ICAでは画像の構造に応じた基底関数が導出され,係数はスパースな状態になるため,重要な少数の係数を保存するだけで画像の再構成が可能となり,情報量の削減が見込める.提案手法では,ICAを用いて構造の複雑さに基づいて画像の領域分割を行い,各グループに適切な情報量削減処理を適用する. 
(英) An encoded image using DCT has the problem that visual quality is deteriorated when the data compression ratio is higher. Independent component analysis (ICA) is the one of effective data analysis measure, and a set of basis which is obtained by ICA is correspond to the structural feature in an input image. This paper presents the image coding method based on ICA for still monochrome image. In the proposed method, each block is divided into three regions with difference structural complexity using ICA coefficients, when ICA is applied to input image. And, it is seen in the experimental results that the individual data reduction measure should be adapted in each region in order to improve the coding performance.
キーワード (和) 静止画像符号化方式 / 独立成分分析 / 領域分割 / 判別分析法 / Matching Pursuit / / /  
(英) Still image coding method / Independent component analysis / Region segmentation / Discriminant analysis method / Matching Pursuit / / /  
文献情報 映情学技報
資料番号  
発行日  
ISSN Print edition: ISSN 1342-6893  Online edition: ISSN 2424-1970
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 IEICE-ITS IEICE-IE AIT HI ME  
開催期間 2014-02-17 - 2014-02-18 
開催地(和) 北海道大学 
開催地(英) Hokkaido Univ. 
テーマ(和) ITS画像処理,一般 
テーマ(英) ITS Image Processing, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IEICE-IE 
会議コード 2014-02-ITS-IE-AIT-HI-ME 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) ICAを用いた構造的分類に基づく静止画像符号化方式 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Still image coding based on the structural classification using ICA 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 静止画像符号化方式 / Still image coding method  
キーワード(2)(和/英) 独立成分分析 / Independent component analysis  
キーワード(3)(和/英) 領域分割 / Region segmentation  
キーワード(4)(和/英) 判別分析法 / Discriminant analysis method  
キーワード(5)(和/英) Matching Pursuit / Matching Pursuit  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 川村 和也 / Kazuya Kawamura / カワムラ カズヤ
第1著者 所属(和/英) 岩手県立大学 (略称: 岩手県立大)
Iwate Prefectural University (略称: Iwate Pref. Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 亀田 昌志 / Masashi Kameda /
第2著者 所属(和/英) 岩手県立大学 (略称: 岩手県立大)
Iwate Prefectural University (略称: Iwate Pref. Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者 第1著者 
発表日時 2014-02-17 14:05:00 
発表時間 15分 
申込先研究会 IEICE-IE 
資料番号  
巻番号(vol) vol.38 
号番号(no)  
ページ範囲  
ページ数  
発行日  


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[映像情報メディア学会ホームページ]


ITE / 映像情報メディア学会