お知らせ ◆映像情報メディア学会における研究会の開催について (新型コロナウイルス関連)2021年7月21日更新
映像情報メディア学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2014-02-17 09:50
TotalVariation正則化を用いた単一画像の超解像 ~ エッジの鮮鋭化による画質改善 ~
鶴崎裕貴亀田昌志プリマ オキ ディッキ アルディアンシャー岩手県立大
抄録 (和) 超解像は,高周波成分の復元を伴う画像拡大を目的に開発された画像処理技術である.筆者らは,超解像手法の一手法として,TotalVariation(TV)正則化を用いた単一画像の超解像を提案した.提案手法では,TV正則化のパラメータを変えて入力画像に適用することで複数の高周波画像を作成する.そして,それらを線形補間で拡大し,組み合わせたハイブリッドテクスチャ画像を用いることで,線形補間よりも視覚的に鮮明で高画質な拡大画像を作成できた.しかし,エッジ付近に擬似輪郭が発生し,ボケにより主観的な画質が劣化することが問題であった.本研究では,擬似輪郭が発生する位置を自動的に求め,ハイブリッドテクスチャ画像の作成方法をエッジ周辺とそれ以外で変えることにより,従来手法とほぼ同等の画質を保ちつつ,擬似輪郭を低減する手法を提案した. 
(英) In order to improve the image quality of enlarged image, the super resolution using total variation regularization has been proposed. In the proposed method, the hybrid texture image is constructed by the combination of high frequency images which are defined as the enlarged high frequency components by the linear interpolation, after several high frequency components are generated by applying the total variation regularization to input image. The super-resolution image in our method has the problem that the false contour is occurred around edge. The construction method of the hybrid texture image is presented by considering the position of the false contour.
キーワード (和) 超解像 / TotaVariation正則化 / ハイブリッドテクスチャ画像 / 擬似輪郭 / / / /  
(英) Super Resolution / Total Variation Regularization / Hybrid Texture Image / False Contour / / / /  
文献情報 映情学技報
資料番号  
発行日  
ISSN Print edition: ISSN 1342-6893  Online edition: ISSN 2424-1970
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 IEICE-ITS IEICE-IE AIT HI ME  
開催期間 2014-02-17 - 2014-02-18 
開催地(和) 北海道大学 
開催地(英) Hokkaido Univ. 
テーマ(和) ITS画像処理,一般 
テーマ(英) ITS Image Processing, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IEICE-IE 
会議コード 2014-02-ITS-IE-AIT-HI-ME 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) TotalVariation正則化を用いた単一画像の超解像 
サブタイトル(和) エッジの鮮鋭化による画質改善 
タイトル(英) Super resolution by single image based on total variation regularization 
サブタイトル(英) Improvement of image quality by edge sharpening 
キーワード(1)(和/英) 超解像 / Super Resolution  
キーワード(2)(和/英) TotaVariation正則化 / Total Variation Regularization  
キーワード(3)(和/英) ハイブリッドテクスチャ画像 / Hybrid Texture Image  
キーワード(4)(和/英) 擬似輪郭 / False Contour  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 鶴崎 裕貴 / Hiroki Tsurusaki / ツルサキ ヒロキ
第1著者 所属(和/英) 岩手県立大学 (略称: 岩手県立大)
Iwate Prefectural University (略称: Iwate Pref. Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 亀田 昌志 / Masashi Kameda / カメダ マサシ
第2著者 所属(和/英) 岩手県立大学 (略称: 岩手県立大)
Iwate Prefectural University (略称: Iwate Pref. Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) プリマ オキ ディッキ アルディアンシャー / Prima Oky Dicky Ardiansyah / プリマ オキ ディッキ アルディアンシャー
第3著者 所属(和/英) 岩手県立大学 (略称: 岩手県立大)
Iwate Prefectural University (略称: Iwate Pref. Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2014-02-17 09:50:00 
発表時間 15 
申込先研究会 IEICE-IE 
資料番号  
巻番号(vol) ITE-38 
号番号(no)  
ページ範囲  
ページ数 ITE- 
発行日  


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[映像情報メディア学会ホームページ]


ITE / 映像情報メディア学会