お知らせ ◆映像情報メディア学会における研究会の開催について (新型コロナウイルス関連)2021年7月21日更新
映像情報メディア学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2014-02-18 11:30
奥行き情報を用いた前景・境界領域検出によるH.265/HEVCの2次元符号化画質改善
岩崎真也高田涼生早大)・松尾康孝早大/NHK)・甲藤二郎早大
抄録 (和) 近年,立体映像と多視点映像の標準化に注目が集まっている.通常,それらには動画像と奥行き情報をセットで用いる.また,Kinectや3Dカメラに代表される奥行き検出デバイスの普及が進んでおり,奥行き情報の取得が飛躍的に簡素化されつつある.今回我々は奥行き情報を用いてH.265/HEVCの2次元的な符号化画質改善を行う手法を提案した.具体的には,奥行き情報を用いて動画像の前景・背景分離を行い,その情報をもとに前景領域の位置検出をし,画質改善を行った.また,奥行き情報から動画像の境界領域の検出も行い,H.265/HEVCの精度改善を実現した. 
(英) International standardization of multi-view and 3D video coding formats is now the hot topic at MPEG. For the latter, video capture by an RGB-D camera is assumed, and video signals and depth maps are utilized simultaneously for efficient compression. Moreover, video sequence with a depth map can be taken by a camera with RGB-D (depth) sensor like Kinect. In this paper, Experiments show that further improvement of picture quality for H.265/HEVC compressed streams. Concretely, we separate video signals into foreground and background, and detect the position of foreground regions by using this information. Furthermore, we detect boundary regions of video signals by using depth map, and we achieve to improve H.265/HEVC.
キーワード (和) 奥行き情報 / H.265/HEVC / 前景 / 境界 / / / /  
(英) Depth map / H.265/HEVC / Foreground Regions / Boundary Regions / / / /  
文献情報 映情学技報
資料番号  
発行日  
ISSN Print edition: ISSN 1342-6893  Online edition: ISSN 2424-1970
PDFダウンロード

研究会情報
研究会 IEICE-ITS IEICE-IE AIT HI ME  
開催期間 2014-02-17 - 2014-02-18 
開催地(和) 北海道大学 
開催地(英) Hokkaido Univ. 
テーマ(和) ITS画像処理,一般 
テーマ(英) ITS Image Processing, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IEICE-IE 
会議コード 2014-02-ITS-IE-AIT-HI-ME 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 奥行き情報を用いた前景・境界領域検出によるH.265/HEVCの2次元符号化画質改善 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Improvement of 2-D Picture Quality for H.265/HEVC using Foreground and Boundary Regions Detection by 3-D Depth Map 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 奥行き情報 / Depth map  
キーワード(2)(和/英) H.265/HEVC / H.265/HEVC  
キーワード(3)(和/英) 前景 / Foreground Regions  
キーワード(4)(和/英) 境界 / Boundary Regions  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 岩崎 真也 / Shinya Iwasaki / イワサキ シンヤ
第1著者 所属(和/英) 早稲田大学 (略称: 早大)
Waseda University (略称: Waseda Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 高田 涼生 / Ryoki Takada / タカダ リョウキ
第2著者 所属(和/英) 早稲田大学 (略称: 早大)
Waseda University (略称: Waseda Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 松尾 康孝 / Yasutaka Matsuo / ヤスタカ マツオ
第3著者 所属(和/英) 早稲田大学/NHK放送技術研究所 (略称: 早大/NHK)
Waseda University/NHK Science & Technology Research Laboratries (略称: Waseda Univ./NHK)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 甲藤 二郎 / Jiro Katto /
第4著者 所属(和/英) 早稲田大学 (略称: 早大)
Waseda University (略称: Waseda Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2014-02-18 11:30:00 
発表時間 15 
申込先研究会 IEICE-IE 
資料番号  
巻番号(vol) ITE-38 
号番号(no)  
ページ範囲  
ページ数 ITE- 
発行日  


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[映像情報メディア学会ホームページ]


ITE / 映像情報メディア学会